猫カフェに猫17匹放置、エサなく4匹死ぬ 経営者は行方不明


猫カフェの店内に放置されていた猫=鹿児島市、犬猫と共生できる社会をめざす会鹿児島提供
猫カフェの店内に放置されていた猫=鹿児島市、犬猫と共生できる社会をめざす会鹿児島提供

 鹿児島市にある猫カフェの店内に猫17匹が放置され、うち4匹が死んでいたことが、市への取材でわかった。経営者の男性とは連絡が取れなくなっており、市は動物愛護法に違反する可能性があるとみて、経営者を捜している。


 店は「にゃんcafe猫之坊」。市によると、店があるビルの家主から「6月上旬から経営者が行方不明になり、猫を放置している」と6月21日、市に連絡があった。猫の鳴き声を聞き、前日に家主が合鍵で店に入ったところ水やえさがなく、死んだ猫もいたという。市は経営者に連絡を取ろうとしたが、電話に出ず行方は分かっていない。


 市はNPO「犬猫と共生できる社会をめざす会鹿児島」(鹿児島市)に衰弱した1匹を引き取ってもらい、店内にいる残り12匹についてもこの団体が引き取り、飼い主を捜す。


 店は2013年3月に営業登録されたが、家主は「1年以上前から営業していなかったようだ」と市に説明。市は6月30日、鹿児島南署に相談した。


 動物愛護法は、猫などの愛護動物にえさや水を与えず衰弱させるなどすると、100万円以下の罰金を科すとしている。

朝日新聞
朝日新聞社の媒体に掲載されたおすすめの記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

猫がおなかを下したり、便に血が混じっていたりしたら…

猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸先生が、病院につれていくべきポイントや受診時の注意点について動画で解説します。「まなびばsippo」では猫飼いさん必須の知識を学ぶことができます。

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。