小さな町の豊かな魅力をPR、「まねきねこ課」ができたニャン

「まねきねこ課」のロゴマーク=多度津町提供
「まねきねこ課」のロゴマーク=多度津町提供

 香川県多度津町は今春、町の魅力をPRするタウンプロモーション用の組織「まねきねこ課」を新設した。親しみやすいネーミングで町の豊かな自然や食、歴史をイベントやネットで発信する。


 町への移住や定住促進、交流人口の拡大を狙った。コンセプトは「たどりつく多度津」で、「四国鉄道発祥の地」と「佐柳島の『とび猫』」をモチーフにした二つのロゴマークを作った。職員の名刺や観光ポスター、缶バッジなどで使い、認知度アップを目指す。

 

コンセプトのロゴマーク=多度津町提供
コンセプトのロゴマーク=多度津町提供

「まねきねこ課」のメンバーは、町職員有志や地域おこし協力隊員、各種団体の会員ら。町総合福祉センターに事務所をおく。自然豊かな子育て環境や移住への支援策、ブドウ、白方カキといった山海の味覚、町内二つの島の自然や文化、少林寺拳法の総本山、江戸時代の家老屋敷などをアピールする。


 1日には、JR多度津駅を発着点に運行を始めた観光列車「四国まんなか千年ものがたり」の始発列車を見送った。事務局を担当する町政策企画課の河田数明課長は「桃陵公園で紙のランタンをともしたり、特産品の弁当を販売したりと、新しい活性化プランもすでに検討されている。まねきねこ課をひとつの起爆剤にして、町の魅力を国内外に発信していきたい」と話している。


(矢野裕一)

朝日新聞
朝日新聞社の媒体に掲載されたおすすめの記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

猫がおなかを下したり、便に血が混じっていたりしたら…

猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸先生が、病院につれていくべきポイントや受診時の注意点について動画で解説します。「まなびばsippo」では猫飼いさん必須の知識を学ぶことができます。

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


症状辞典

愛犬、愛猫の病気やけがについて、獣医師が症状別に解説する辞典です。