リハビリ続ける夫と妻 画家夫妻が愛猫描いた「二人の猫展」

愛猫をテーマにした作品を手にする島田隆司さん(左)と加寿子さん=愛知県犬山市
愛猫をテーマにした作品を手にする島田隆司さん(左)と加寿子さん=愛知県犬山市

 脳出血のリハビリを続ける、愛知県扶桑町の日本画家島田隆司さん(62)と、妻で中学校美術教師の洋画家加寿子さん(58)による初の夫婦展「二人の猫展」が、名古屋市中区錦3丁目のギャラリー彩(あや)で開催中だ。入場無料。23日まで。


 隆司さんは高校の美術教師だった2004年に脳出血で倒れた。その後、復職したが、通勤の負担もあり、昨年、退職した。


 16年飼ったオス猫が老衰で亡くなったのは、退職後まもなく。2人とも落ち込んだが、知人のアドバイスもあり、退職の区切りとして2人展の開催を決めた。


 愛猫を中心にそれぞれ25点ほどの作品が並ぶ。隆司さんは「私には絵は人生そのもの。なければここまで回復しなかったでしょう」。加寿子さんは「命あることに感謝したい」と話す。

朝日新聞
朝日新聞の媒体に掲載されたおすすめの記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

よくある猫の嘔吐。しっかり学んで、受診の判断を見極めよう

「まなびばsippo」では、わかりやすいオンライン講義で、嘔吐など、猫飼いさん必須の知識を学ぶことができます。たくさんの講義が見放題で、毎月のライブで質問もできる月額会員がオススメ。

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。