猫目線で散歩、広島キャットストリートビュー 観光PR

キャットストリートビュー竹原編のスタート画面=広島県提供
キャットストリートビュー竹原編のスタート画面=広島県提供

「安芸の小京都」と呼ばれる竹原市の町並みを、地上20センチや屋根の上といった「猫目線」で体験できる「広島キャットストリートビュー竹原編」が広島県の特設サイトで公開されている。昨年公開された「尾道編」に続く第2弾。

「竹原編」は、360度の風景をネット上で見られるグーグルの「ストリートビュー」を利用。猫が散歩するような目線で同市本町の「町並み保存地区」の路地を総延長1・7キロにわたって巡り、江戸時代の商家や古刹(こさつ)、飲食店、絶景ポイントなどを写真や動画で見ることができる。

 公開は今月に入り始まった。登場する27匹の猫を見つけると、抽選で50人にオリジナルTシャツが当たるキャンペーンも今月末まで行われている。

 16日には、同地区内の「陶工房 風土」で飼われ、「竹原編」で案内役を務める猫の「漱石」に、県観光課の大内貞夫課長から「県竹原支局路地裏観光課長」の任命状が交付された。飼い主の陶芸家岩川智子さん(51)は「シャイな猫だけど観光PRに頑張ってほしい」。

(清水康志)

朝日新聞
朝日新聞社の媒体に掲載されたおすすめの記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

よくある猫の嘔吐。しっかり学んで、受診の判断を見極めよう

「まなびばsippo」では、わかりやすいオンライン講義で、嘔吐など、猫飼いさん必須の知識を学ぶことができます。たくさんの講義が見放題で、毎月のライブで質問もできる月額会員がオススメ。

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。