亡き愛犬「エース」が力をくれて甲子園へ 細野悠捕手

細野選手が可愛がっていた愛犬エース=本人提供
細野選手が可愛がっていた愛犬エース=本人提供

 つぶらな瞳に、ふさふさの体毛。第98回全国高校野球選手権大会に出場した八王子高校の捕手、細野悠選手(3年)の携帯電話の待ち受け画面には、5月に死んだ飼い犬がいる。名前は「エース」だ。

「これ見ると癒やされるんです」。練習時の険しい顔つきから一変、細野選手は穏やかな表情で話す。

 小学生の時から飼い始めたミニチュアダックスフントの雄。野球好きの家族で「エース」と名付けた。球を転がして遊び、「バッテリー」のような存在。練習から帰宅すると、玄関まで飛んでくる甘えん坊だった。

 愛知県に遠征した5月上旬。元気だったエースが熱中症で体調を崩して死んだ。10歳だった。

 その日、細野選手は高校で初めてのホームランを練習試合で放った。「すごい飛んだのが不思議でした。それからなんです。チームも自分も調子がどんどん良くなって」

 春の都大会まで控えだった早乙女大輝投手。ひじのケガでほとんど投げられなかった米原大地投手。この2人の2年生が西東京大会で期待以上の活躍をみせた。リードした細野選手には、ピンチのとき何度も「エース」の鳴き声が聞こえた気がした。

「ワンワンワン(がんばれよ)」と――。

 今も毎晩、宿舎で携帯電話に入っている写真を眺めている。「力を貸してくれたんだね」。11日の試合には、エースとも「バッテリー」を組んでいる気持ちで臨んだ。

(矢島大輔)

朝日新聞
朝日新聞の媒体に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

sippoの投稿企画リニューアル! あなたとペットのストーリー教えてください

「sippoストーリー」は、みなさまの投稿でつくるコーナーです。飼い主さんだけが知っている、ペットとのとっておきのストーリーを、かわいい写真とともにご紹介します!

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。