たまⅡ世駅長ニタマも園児と七夕 貴志駅「お客増えて」

七夕飾りに短冊をつるした園児らとニタマ=4日、和歌山県紀の川市貴志川町
七夕飾りに短冊をつるした園児らとニタマ=4日、和歌山県紀の川市貴志川町

 七夕を前に、和歌山電鉄貴志駅(和歌山県紀の川市)で4日、地元の幼稚園児らが、「たまⅡ世駅長」を務める三毛猫のニタマと一緒に七夕飾りを作った。7日まで駅構内に飾られた。

 この日は紀の川市貴志川町岸小野の「あおば幼稚園」の園児21人が、紙で作った星のかぶり物をつけて笹竹(ささたけ)に願い事を書いた短冊をつるし、童謡「たなばたさま」を歌った。

 ニタマ用の短冊の言葉は「お客様がどんどん増えますように」。「足が速くなりたい」と書いた木村咲太(しょうた)ちゃん(5)は「ニタマが可愛かった」と話していた。

(金子和史)

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

猫の健康バロメーター“おしっこ持参検査”始めませんか?

 猫の8割がかかるといわれる慢性腎臓病。知らず知らずのうちに進行するため、飼い主さんの健康管理が猫の寿命にも関わります。対策について、詳しく話を聞きました。

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


症状辞典

愛犬、愛猫の病気やけがについて、獣医師が症状別に解説する辞典です。