新しい飼い主と出会いの場「保護猫カフェ」 殺処分ゼロへ 

「Dear Cat」の猫たち
「Dear Cat」の猫たち

 猫とふれあえるだけでなく、保護団体などから引き取った猫を譲渡してもらえる「保護猫カフェ」が奈良県内に2店ある。「殺処分ゼロ」を目指す店は、猫を飼いたい人が保護猫と出会える場となっている。

 

 近鉄生駒駅のほど近く、黒猫の看板が保護猫カフェ「Dear Cat」の目印だ。多い日は30人ほどが来店する。

 

 広々とした洋室に十数匹の猫がいる。どれも飼い主を失ったり野良だったりした猫たちだ。飼い主を募集しており、2015年10月に開店し、これまでに28匹が新しい飼い主の手に渡った。

 

「人なつっこいね!」。津市から訪れた川口理子さん(9)が黒猫をなでて言った。代表の沢江奈緒子さん(29)から捨て猫だったと聞き、「何でそんなことするんだろう」。

 

猫を抱きながら客と話す代表の沢江奈緒子さん(右)=奈良県生駒市西松ケ丘
猫を抱きながら客と話す代表の沢江奈緒子さん(右)=奈良県生駒市西松ケ丘

 猫は沢江さんが保護施設や愛護団体から引き取った。ペットショップで4年ほど働いた経験がある沢江さんは、動物との関わり方を考えた末、保護猫カフェに行き着いた。猫を大切にしたいという思いを店名に込めた。

 

 引き取った猫は感染症を検査し、避妊や去勢の手術をする。譲渡を希望する人には、長く飼い続けてもらえるかを確認したり、家に行って環境をチェックしたりする。1週間ほどの試し飼い期間も設ける。沢江さんは「二度とつらい思いをさせないように。そんな思いです」と話す。

 

店内で客と話す店長の横田千絵さん(右)=奈良県橿原市八木町
店内で客と話す店長の横田千絵さん(右)=奈良県橿原市八木町

 もう1店は橿原市八木町の「和風桶(おけ)猫喫茶withラブファイブ」。14年6月に開店した。店にいるのは店長の横田千絵さん(30)が保護団体から引き取った猫たちだ。家で猫を飼えないという桜井市の歯科衛生士、染矢英維(えい)さん(25)は「店の雰囲気が良くて、去年から週に1回ほどのペースで通っています」。


 これまで譲渡した猫は37匹。横田さんは「猫とふれ合い、一匹一匹を知ってほしいです」と話す。譲渡後も飼い主が店を訪れたり、連絡を取り合ったりと、交流は続いているという。


 県と奈良市によると、15年度に県内の保健所に収容された猫1795匹のうち、自然死を含めた殺処分は1673匹。5年前と比べて221匹減った。

 

(浜田綾)

 

<Dear Cat> 90分900円(飲み物付き)、その後30分ごとに300円。金曜日は事前予約制。不定休。授乳期の子猫を一時預かるボランティアも募集。問い合わせは0743・89・2134。

<和風桶猫喫茶withラブファイブ> 30分1千円、60分1300円(いずれも飲み物と猫用のおやつ付き)、その後30分ごとに500円。年末年始は休み。問い合わせは080・9169・6541。
朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

猫の飼い主さん必見のウェブ講座! 専門の獣医師に学ぶ動画配信中

猫のために絶対に知っておきたい知識を、服部幸獣医師から学ぶウェブ講座です。猫のお手入れ方法から、防災、病気までもりだくさん。猫飼いベテランさんから初心者さんまで「目からウロコ」の人気講座を、自分のペースでじっくり学びましょう!

イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!