「笑う狛犬」知ってる? 北海道・江部乙神社の「看板娘」

1910(明治43)年に奉納された阿形の「笑う狛犬」。独特の表情に会いたくて北海道外からも参詣(さんけい)者が訪れる人気者
1910(明治43)年に奉納された阿形の「笑う狛犬」。独特の表情に会いたくて北海道外からも参詣(さんけい)者が訪れる人気者

 午後の日ざしを浴びながら、狛犬(こまいぬ)が笑っている。古代オリエントのライオンをルーツに、日本で独自の進化を遂げたという狛犬。顔立ちや毛並み、しぐさなどがそれぞれ個性的な彼らは、ファンを惹(ひ)きつけてきた。中でも、ユニークな表情で人気を集めるのが、北海道滝川市・江部乙(えべおつ)神社の「笑う狛犬」だ。


 同市江部乙町は、1894(明治27)年に1府19県から入植した400戸の屯田兵によって拓(ひら)かれた。神社も同年に創祀(そうし)。6代目宮司の齋藤豪さんによれば、狛犬は「2012年ごろには、すでに人気者だった」そう。阿吽(あうん)2体の台座には「明治43年9月」「石工佐々原一夫」の文字。佐々原氏は福岡県から入った屯田兵で、子孫は今も妹背牛町で石材店を営む。

 

甘えるような面立ちの吽形の狛犬。補修の跡があり、10年ほど鼻が行方不明になっていたという。近々彼のお守りも生まれる
甘えるような面立ちの吽形の狛犬。補修の跡があり、10年ほど鼻が行方不明になっていたという。近々彼のお守りも生まれる

 口を開けた阿形(あぎょう)は、満面に陽光を受けてニタリ。だから笑う狛犬なのだが、いつもニヤついているわけじゃない。光の具合や見る者の心境によっても微妙に変化する。一方、吽形(うんぎょう)は木陰にひっそり佇(たたず)んでいた。何やらもの寂しげであどけない姿は、今にも鼻を鳴らしてすり寄ってきそうだ。私が「甘えんぼ狛犬」と呼ぶゆえんでもある。「男の子なんです」と宮司の妻静香さん。よく見るとたしかに男の子の証しが目に入った。

 

御朱印と、2013年8月に登場した「笑う狛犬」のお守り(赤青黒3色あり)
御朱印と、2013年8月に登場した「笑う狛犬」のお守り(赤青黒3色あり)

 お守りや朱印にもなっている「笑う狛犬」は、神社のいわば看板娘。そして、思わず手を差しのべたくなる甘えん坊の男の子。屯田兵の想像力が生んだ無二の守護獣の、クリンとしたおちゃめな瞳は、百年をこえてまちを見守ってきた。


(文と写真・塚田敏信)

 

西参道を進むと、陽光を浴びる阿形と木陰にある吽形が出迎えてくれる
西参道を進むと、陽光を浴びる阿形と木陰にある吽形が出迎えてくれる
朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

sippoの投稿企画リニューアル! あなたとペットのストーリー教えてください

「sippoストーリー」は、みなさまの投稿でつくるコーナーです。飼い主さんだけが知っている、ペットとのとっておきのストーリーを、かわいい写真とともにご紹介します!

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


症状辞典

愛犬、愛猫の病気やけがについて、獣医師が症状別に解説する辞典です。