たま駅長がロゴマークにゃ 和歌山電鉄「うめ星電車」出発

お披露目された「うめ星電車」とニタマ駅長=和歌山市の和歌山電鉄伊太祈曽駅
お披露目された「うめ星電車」とニタマ駅長=和歌山市の和歌山電鉄伊太祈曽駅

 和歌山電鉄貴志川線の新しいデザイン電車「うめ星電車」が4日、運行を始めた。和歌山県特産の梅をモチーフにした深紅の車体を一目見ようと、大勢のファンが集結。「たまⅡ世駅長」の三毛猫ニタマも登場し、門出を祝った。

(末尾にフォトギャラリーがあります)

 うめ星電車のデザインは、JR九州の豪華寝台列車「ななつ星」を手がけたデザイナーの水戸岡鋭治さんが担当。一風変わった名前は、小嶋光信社長が悩んだ末、「九州が『ななつ星』なら、和歌山は『うめ星』(梅干し)だ!」と発案した。

 運行に先立ち行われた内覧会では、県内外から訪れた人たちが、床や窓枠、天井まで木を使った高級感あふれる和風の内装をじっくりと見学した。滋賀県野洲市から訪れた高校生、柿田哲志さん(18)は「これだけ凝った電車が普通運賃で乗れるなんてすごい。一度乗ればまた来たいと思うはず」と話していた。

 うめ星電車の運行ダイヤなどは、同電鉄のホームページへ。

(白木琢歩)

朝日新聞
朝日新聞社の媒体に掲載されたおすすめの記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

猫がおなかを下したり、便に血が混じっていたりしたら…

猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸先生が、病院につれていくべきポイントや受診時の注意点について動画で解説します。「まなびばsippo」では猫飼いさん必須の知識を学ぶことができます。

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


症状辞典

愛犬、愛猫の病気やけがについて、獣医師が症状別に解説する辞典です。