「猫の擬人化ってどうよ」 猫べったり記者、猫ブームにもの申す

(写真は本文と関係ありません)
(写真は本文と関係ありません)

 世は猫ブームらしい。高価な図鑑が増刷され、写真展や、猫専門誌も創刊。猫がテーマになった映画もある。いや、文句があるのではない。子供のころから猫と暮らし、もう猫べったり。だから、文句ではなく、なんというか、憤り。
 

 たとえば週刊誌・女性自身のムックとして出た「ねこ自身」は、耳リボンにネックレスをつけた猫が表紙である。グラビアも、やれ猫の店長だとか、フーテンのトラ猫とか、2本脚で立つ猫とか。猫の健康長寿ガイドなど有用な記事も少なくないだけに、残念である。たとえば人気シリーズ化している写真集「のせ猫」。鼻の上にサングラスをかけさせたり、頭に小さな帽子をのせたり。たわいもないと言えばそうだが、これみな、つまり猫の擬人化でしょ?
 

 食後の猫の、目を細めた満足そうな表情を見てみなさい。あれは、世界の始まりとか宇宙の限界とかを考えている顔に間違いない。えさをもらうときだけはまあ甘えてもやるが、食い終わったら、考えごとの邪魔だからあっち行ってろ。表情が、そう言っている。寺山修司は、猫を「多毛症の瞑想(めいそう)家」と書いた。猫は、人に擬せられない。どだい、人間など相手にしていない。
 

 などと書いていると本紙連載中の『吾輩ハ猫デアル』はどうなるんだとつっこみが飛んできそうだが、漱石はさすが分かってらっしゃる。よく読んでほしい。あれは、「人間の擬猫化」ですから。
 

 人間は、猫ほど高踏じゃない、と。

 

(諫早支局長・近藤康太郎) 

 

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

よくある猫の嘔吐。しっかり学んで、受診の判断を見極めよう

「まなびばsippo」では、わかりやすいオンライン講義で、嘔吐など、猫飼いさん必須の知識を学ぶことができます。たくさんの講義が見放題で、毎月のライブで質問もできる月額会員がオススメ。

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。