餅を食べて苦しむ猫 「吾輩」の逸話、夏目家の飼い猫の実話

 

「吾輩は猫である」には、夏目家の実際の「事件」が使われている。雑煮の餅を食べて苦しがる猫(16・17回)も、台所で飼い猫が子供の食べ残しの雑煮の餅を食べて「前足でもがきながら踊りをおどって」いたのを漱石が聞いて書いたという(夏目鏡子『漱石の思い出』)。

 

 長女の筆子は「上の娘、トンコとして登場」。「当時の私たちの生活そのまま」で、「一体いつの間に見ていたのだろうかと思う程」だった。

 

 漱石の朝食はトーストと紅茶、いつも1人で食べていた。「ハイカラなお父様しか召し上れないもの」がうらやましく、娘たちは、漱石が食べ終えるやいなや駆けつけ、残ったパンを焼きもせず、バターもつけずに食べていた。その様子を、いつもは残り物のパンにつける砂糖を、姉妹が競って盛り上げるユーモラスな話(12回)に仕立て上げた(松岡筆子「夏目漱石の『猫』の娘」)。

 

(岡恵里)

朝日新聞
朝日新聞社の媒体に掲載されたおすすめの記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

よくある猫の嘔吐。しっかり学んで、受診の判断を見極めよう

「まなびばsippo」では、わかりやすいオンライン講義で、嘔吐など、猫飼いさん必須の知識を学ぶことができます。たくさんの講義が見放題で、毎月のライブで質問もできる月額会員がオススメ。

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。