「看板猫」の宿、大人気 由布「オーベルゼ・レ・ボー」

宿の前の路上でのんびりと過ごす猫たち=大分県由布市湯布院町
宿の前の路上でのんびりと過ごす猫たち=大分県由布市湯布院町

 猫たちが出迎えてくれるという大分県由布市の小さな温泉宿が、人気を集めている。猫たちの「サービス」がネット上に広がり、宿は大手旅行サイトの全国ランキングの上位に食い込む。一時は赤字で廃業を覚悟していた宿は、予約が相次ぐほどに息を吹き返した。

 宿は「オーベルゼ・レ・ボー」。午後3時のチェックインが近づくと、日中は近くの路上などで過ごす猫たちが宿に集まってきた。出迎えてくれるような姿に女性が「かわいい!」と歓声を上げた。

 計6匹いる猫たちの「接客術」は出迎えにとどまらない。部屋に出入りして宿泊客と遊んだり、朝の散歩のお供をしたり。夕食時は食卓の周りをうろうろして、就寝時にはベッドに上がって「添い寝」する。

 オーナーの中島久美子さん(67)によると、すべて訓練なし。なぜ、こんなに猫たちは客をもてなすのか。「宿泊客はほぼ全員が猫が好きな人たち。可愛がられているうちに、どんどん人懐っこくなってしまった」と話す。

 猫好きにはたまらない「サービス」がフェイスブックなどで評判を呼んだ。「楽天トラベル」が2月に発表した全国の旅館・ホテルの「看板猫ランキング」では全国1位に。同サイトの「クチコミ」には、「着いたら、さっそく4匹がお出迎えでした。にゃーと鳴きながら寄ってきてくれて」「添い寝もしてくれて、幸せな時間を過ごせました」などの感想が並ぶ。

 香港から夫婦できた胡兆偉さん(35)は、動画サイトのYoutubeで見つけて予約。自身も2匹の猫を飼うが、「こんな宿があるなんて驚いた。旅先で猫と一緒に寝られて幸せ」とうれしそうに話した。

 宿は2007年に開業。中島さんが約100万円かけて自宅を改装し、ペンションを始めた。当初から猫は飼っていたが客が入らず、赤字が続いたという。予約が埋まらず宿代を割り引きしたところ、売り上げも下がる悪循環に。廃業も覚悟した。

 転機は猫嫌いの客からの苦情だった。翌08年に居着いていた野良猫を引き取ったのをきっかけに、猫が好きな人しか泊まれないようホームページ(HP)で猫を前面に打ち出した。その結果、リピーターになる宿泊客が続出し、予約が殺到するようになった。

 中島さんは「猫たちも猫好きのお客に囲まれて幸せそう。この子たちは『招き猫』です」と笑った。

予約は宿の電話では受け付けていない。楽天トラベルの予約用ホームページから。(平塚学)

猫と遊ぶ宿泊客とオーナーの中島久美子さん(右)=大分県由布市湯布院町
猫と遊ぶ宿泊客とオーナーの中島久美子さん(右)=大分県由布市湯布院町

(朝日新聞2015年9月12日掲載)

朝日新聞
朝日新聞社の媒体に掲載されたおすすめの記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

猫がおなかを下したり、便に血が混じっていたりしたら…

猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸先生が、病院につれていくべきポイントや受診時の注意点について動画で解説します。「まなびばsippo」では猫飼いさん必須の知識を学ぶことができます。

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


症状辞典

愛犬、愛猫の病気やけがについて、獣医師が症状別に解説する辞典です。