親子ネコ、いかだ生活10年 養殖フグの見張り番

いかだで暮らすネコの親子=山口県下松市の笠戸島
いかだで暮らすネコの親子=山口県下松市の笠戸島

 海上に浮かぶ養殖用いかだの上で暮らすネコの親子が、山口県下松(くだまつ)市にいる。

 生まれた時から10年以上も波の上でゆらゆら。飼育するトラフグを鳥から守る「仕事」もしており、地元のアイドル的な存在だ。


 トラフグの試験養殖などをする下松市栽培漁業センターから南東へ約400メートル。笠戸島近くの海上に、タテ約120メートル、ヨコ約14メートルのいかだが浮かぶ。船で近づくと、2匹が「ニャー」と鳴いて迎えてくれた。いずれもメスで、推定15歳のチーと同12歳のドラミの親子だ。


 20年以上前、センター職員が地元の漁師からチーの両親を譲り受けた。この両親も海上の別のいかだ生まれ。同じ環境がいいだろうと、センターはいかだに小屋を置いて飼育を始めた。


 親子は、幅約30センチの板をジャンプしながら駆け回る。食事は、魚の世話に来るセンターの倉本悟技術係長(48)がほぼ毎日、ペットフードや水を与える。時には海中に前脚を伸ばして小魚を捕ることも。ただ、センターが試験養殖しているトラフグには手を出さず、それを狙って飛んでくるカラスは、駆け寄っていって追い払う。


 海に落ちても「ネコかき」で泳ぎ、いかだにはい上がる。台風が近づいた時は地上の倉庫に避難させるが、揺れない地上では逆に落ち着かない様子で、よく鳴いたという。


 倉本さんは「まるで家族のような存在です」。センターの久山裕司所長(53)は「海上で1人で作業する職員の癒やしになっている」と話す。2匹のこれまでの活躍に、感謝状の贈呈も考えている。(奥正光)

 

(朝日新聞2013年9月29日掲載)

 

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

猫の健康バロメーター“おしっこ持参検査”始めませんか?

 猫の8割がかかるといわれる慢性腎臓病。知らず知らずのうちに進行するため、飼い主さんの健康管理が猫の寿命にも関わります。対策について、詳しく話を聞きました。

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


症状辞典

愛犬、愛猫の病気やけがについて、獣医師が症状別に解説する辞典です。