太田匡彦

太田匡彦

(おおた・まさひこ)
1976年東京都生まれ。98年、東京大学文学部卒。読売新聞東京本社を経て2001年、朝日新聞社入社。経済部記者として流通業界などの取材を担当した後、AERA編集部在籍中の08年に犬の殺処分問題の取材を始めた。15年、朝日新聞のペット面「ペットとともに」(朝刊に毎月掲載)およびペット情報発信サイト「sippo」の立ち上げに携わった。著書に『犬を殺すのは誰か ペット流通の闇』『「奴隷」になった犬、そして猫』(いずれも朝日新聞出版)などがある。

著者の記事

犬のケージ、必要な広さは数値規制の2倍 44年前ペット業界の先人が掲げた「数値」 動物愛護
犬のケージ、必要な広さは数値規制の2倍 44年前ペット業界の先人が掲げた「数値」
2021/06/29
放し飼いが招いた犬たちの受難の時代 無責任な飼い主は今も、意識向上へ国民的議論を 動物愛護
放し飼いが招いた犬たちの受難の時代 無責任な飼い主は今も、意識向上へ国民的議論を
2021/05/28
数値規制の「解説書」案、書きぶりに懸念点 これでは猫の酷使は防げない 動物愛護
数値規制の「解説書」案、書きぶりに懸念点 これでは猫の酷使は防げない
2021/05/20
子犬や子猫のマイクロチップ装着に課題 チップの脱落や体にマヒが残る事故も 動物愛護
子犬や子猫のマイクロチップ装着に課題 チップの脱落や体にマヒが残る事故も
2021/04/30
コロナで減った保護犬猫の譲渡の場 愛護団体は捨てられる犬猫が今後増えることを懸念 動物愛護
コロナで減った保護犬猫の譲渡の場 愛護団体は捨てられる犬猫が今後増えることを懸念
2021/03/24
10年前の春、20キロ圏に取り残された動物たち 悲惨な現実があったことを忘れない 動物愛護
10年前の春、20キロ圏に取り残された動物たち 悲惨な現実があったことを忘れない
2021/02/22
数値規制で自治体職員は効果的な監視や指導が行えるか? カギは「解説書」 動物愛護
数値規制で自治体職員は効果的な監視や指導が行えるか? カギは「解説書」
2021/01/25
業者の犬猫飼育数制限が3年先送り 犬猫にとって負担大きく、次回法改正に影響も 動物愛護
業者の犬猫飼育数制限が3年先送り 犬猫にとって負担大きく、次回法改正に影響も
2020/12/28
コロナ禍で新たに飼われ始める犬猫が増加、生活の変化が需要生む 業界団体が推計
コロナ禍で新たに飼われ始める犬猫が増加、生活の変化が需要生む 業界団体が推計
2020/12/23
売れにくい犬猫を「保護犬・猫」として譲渡 保護された経緯ないのにそう呼べる? 動物愛護
売れにくい犬猫を「保護犬・猫」として譲渡 保護された経緯ないのにそう呼べる?
2020/11/23
数値規制は犬や猫の飼育環境を改善するためのもの 改善努力伴わぬ業者の主張は筋違い 動物愛護
数値規制は犬や猫の飼育環境を改善するためのもの 改善努力伴わぬ業者の主張は筋違い
2020/11/11
繁殖用の犬や猫、国内にどれくらいいるのか? 調査データをもとに推計してみると 動物愛護
繁殖用の犬や猫、国内にどれくらいいるのか? 調査データをもとに推計してみると
2020/10/22