中川大志さん「どんなに疲れていても犬がいると頑張れる」 映画『犬部!』を語る

 7月22日公開の映画『犬部!』は、獣医学部の学生たちが行き場をなくした犬たちを救うために奮闘し続ける、実話を基に描かれた作品。原案ファンや動物好きはもちろん、青春ストーリーやリアリティーを求める人たちにも響く映画です。

 自身も犬オーナーであり、この作品で重要な役どころを演じる俳優の中川大志さんに、見どころや撮影秘話を伺いました。

(末尾に写真特集があります)

動物との向き合い方が変わる作品

 中川さんが演じるのは獣医科を卒業後、動物愛護センターで働く道を選び、ときに自らの手で犬たちを処分しなくてはならない柴崎というキャラクター。

「自ら愛護センターの職員として飛び込み、殺処分の実情を変えるためにもがき続ける役柄。脚本をいただいたときから、やりがいのあるテーマ、役どころだと思いました」

 私生活でもフレンチブルドッグを飼っている中川さん。自他共に認める犬好きでありながら、この作品に携わるまで知らなかった事実がたくさんあったという。

「自分も犬を飼っていますが、動物と関わる上で知らないことばかりだったんです。殺処分のことだったり、動物愛護の歴史だったり……。自分もそうだったように、この作品があらためて動物との付き合い方を考えるきっかけになってくれたらいいですね」

撮影現場では犬たちと心が通じ合えるよう、少しずつ関係性を築いていったという。

対照的な2人のキャラクター

 林遣都さん演じる主人公が感情のままに突き進む男であるのに対し、中川さん演じる柴崎は冷静かつ現実主義。同じ“犬バカ”でも、問題解決のアプローチは対照的だ。

「柴崎という男は物事を広く捉えていて、問題の成り立ちや社会の構造まで見据えている。殺処分を減らすという目的を達成するためにも、何が最善の手段で一番の近道は何か、その先何年かかろうと、まずはどこを変えるべきかを長いスパンで考えているんです。

 理解していても実際に行動に移すのって相当な覚悟とエネルギーがいると思うんですけど、その動機は本当にもう動物への愛でしかない。アプローチは違っていても、ふたりとも度を超えた“犬バカ”なんです(笑)」

冷静で現実主義な一方、繊細な一面を持つ役柄。葛藤するシーンは迫真の演技に注目!

台本に描かれていない時間と役作りの苦悩

 そんな柴崎を演じる上での役作りは、テーマが重いだけにつらい部分もあったという。

「愛護センターに就職してからの柴崎の生活は、作品の中でほとんど描かれていないので、空白の数年間で何が起きたのか、自分の中でも作っていく必要があったんです。極限の精神状態に追い込まれていくシーンがあるのですが、殺処分の映像を見せていただいたり、実際の施設で撮影をしたり……。残酷な現実を目の当たりに、肌で感じながら人物像を詰めていきました。わかっていたことですが、つらい役作りではありましたね」

 台本に書かれていない部分は、共演者である林遣都さんとも十分話し合い、共に作り上げていった。

「脚本に描かれていない数年の間に、彼らにどういう気持ちの移り変わりや関係性の変化があったのか、そこは林さんともじっくり話し合いました。その作業はすごく楽しかったし、丁寧に演じられた部分じゃないかと思います」

「犬がいると頑張れる」動物と共演する大変さとやりがい

 動物と一緒の撮影となれば、時間と労力を要する大変な作業であることは言うまでもない。

「動物を扱う作品の宿命として、ある程度の大変さは覚悟していました。訓練された犬と一緒にお芝居することもあったんですが、とにかく人間が思い描いているようにうまくはいかない(笑)。

 でも、どんなに疲れていても犬がいると頑張れるんです。ただでさえ彼らにとっては、カメラや機材に囲まれた現場って怖いじゃないですか。それでもちょっとずつ、心の距離が近づいていくプロセスがうれしかったし、成功した時の喜びは大きかったですね」

共演した太郎役のきぃは「待て」の指示も完璧!スタジオの空気を和ませてくれた

撮影後に感じた中川さんの心境の変化

 この作品に携わる前と後で、中川さん自身にも犬との向き合い方に少なからず変化があったという。

「僕らは犬の気持ちを想像するしかない。結局、何を決断するのも人間でしかないから、当たり前だけどその分、責任を持たないといけないですよね。それに、時間の流れも人間と犬とでは全然違う。あっという間の1カ月も、犬たちにとっては1年以上に感じるかもしれないし。

 本当に一瞬一瞬を大切にしなきゃなとあらためて思うようになりましたね。そういった意味でも、撮影を経て久々に愛犬のエマに会ったときは感慨深いものがありました」

中川さんときぃちゃん、とっても仲良しでした!

この映画を通して伝えたい思い

「とにかく愛の力というか、何にも代え難い力があふれている作品。犬たちが活力になって、パワフルに前を向きながらいろんなことを変えてこうぜ!っていうエネルギッシュさは、観ていて温かい気持ちになれると思います」

 また、柴崎が放つ「誰かがやらなきゃいけないから僕がやるんだよ」というセリフも、中川さんにとって深く心に響いたシーンのひとつ。

「過去にそういう存在がいたからこそ、今があるということを少しでも知ってもらえたらうれしいです。知ったからどうしてくれっていう映画ではないんですけど、知っているか知らないかはすごく大きな違いだと思うので。心の片隅にあるだけでも、動物との向き合い方って絶対変わってくると思うんです。

 あとは……本当に可愛い犬や猫がいっぱい出てくるので、この映画を観て癒やされてください!」

『犬部!』
2021年7月22日(木・祝)全国ロードショー
監督:篠原哲雄 脚本:山田あかね 原案:片野ゆか「北里大学獣医学部 犬部!」(ポプラ社刊)
出演:林遣都、中川大志、大原櫻子、浅香航大ほか
配給:KADOKAWA
『犬部!』公式ホームページ
(c)2021『犬部!』製作委員会

写真・高木亜麗

【関連記事】林遣都さん「命については人も動物も変わらない」 映画『犬部!』インタビュー

栗原うらら
フリーライター・編集者。大手アパレル企業を経て、出版社へ入社。女性誌の編集部にて10年勤務したのち、フリーランスに。ファッション、ライフスタイル、人物インタビュー、ペットの記事などを執筆。幼い頃から犬、ウサギ、猫、モルモット、ハムスターなど多くの動物と触れ合いながら育ち、現在はブサ可愛いフレンチブルドッグの愛犬と同居中。instagram@bonstagram0502

sippoのおすすめ企画

sippoの投稿企画リニューアル! あなたとペットのストーリー教えてください

「sippoストーリー」は、みなさまの投稿でつくるコーナーです。飼い主さんだけが知っている、ペットとのとっておきのストーリーを、かわいい写真とともにご紹介します!

この特集について
映画『犬部!』特集
行き場のない犬や猫を救うために立ち上がった、現役の獣医科大学生たちの奮闘を描く映画『犬部!』が、7月22日に劇場公開! この特集ではキャストの林遣都さん、中川大志さんのインタビューなど、関連記事をお届けします。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。