ハイパーな赤柴、キレる黒柴 家族全員を血祭りに、前途多難な多頭生活

 子犬を迎えたはいいものの、吠える、噛む、お散歩が上手にできず、どうしたらいいの? そんな「育犬ノイローゼ」の飼い主たちが地方からもやってくるUG DOGSアトラスタワー中目黒店(以下UG)。

 高橋信行店長のもとにはさまざまな犬種がやってくるが、流血するほど飼い主に噛み付く子犬が多いのが、柴犬。2年前のある日、豆柴のきょうだいを迎えたものの、腕を傷だらけにしながら「どちらかを手放さなきゃいけないかもしれない」と悩んだお母さんが駆け込んできた。 

激アツ店長、中目黒の駅前で叫ぶ!

「柴犬ナメちゃいかん!」

(末尾に写真特集があります)

柴犬経験豊富な一家に迎えられた、破壊魔の豆柴

「戻ってきてくれたの?」

 小旅行で出かけた先でふと立ち寄ったペットショップ。ショーケースの中の豆柴の子犬に、思わずそう声をかけていた。その赤柴の女の子、すずらんちゃんのお母さんはこう語る。

「2年前に虹の橋に旅立った愛犬にそっくりだったのです。その場でお迎えを決めました」

豆柴すずらんちゃん
来た当初のすずらんちゃん。ちょっとやんちゃそうな顔?(飼い主さん提供)

 お母さんはこれまで、10代のころ1匹、その後2匹と、すでに3匹の柴犬を育ててきた。

「先代の2匹は老衰だったのですが、体が大きかったので介護で苦労しました。自分の年齢を考えるともう柴犬は無理かなと諦めかけていたのですが、すずらんは成長しても柴犬ほど大きくはならない豆柴だったので、それなら面倒を見られるかな、と」

 家にやってきたすずらんちゃんは元気いっぱい!……というか、元気がありすぎた。

「カーペットはもちろん、床、壁、引き出しの取っ手、スリッパ、バッグ、服、掛け布団……ありとあらゆるものを破壊されました。さんざん暴れて遊び疲れると、電池切れしたかのようにバッタリと爆睡。おもちゃをくわえたまま行き倒れていることもしばしばでした(笑)」

こちらがすずらんちゃんが遊ぶ様子。子犬といえど、すごいパワフルです

ショップ店員の横暴を見かねて迎えた黒柴

 お迎えして3週間が経ったころ。すずらんちゃんがいたペットショップのHPを見ていたら、同じ日に同じブリーダーの元で生まれた子が。もしかしたらきょうだい?と、その子犬がいるショップに行ってみることに。ところがショーケースの中にいた黒の豆柴はガリガリで、その姿にお母さんはショックを受ける。

「丸々とした子犬ならではのかわいさがなくて、表情もない。人間をまったく信用していない暗い目をしていました」

 すずらんちゃんと実のきょうだいかを調べてもらうのを待つ間、抱っこすることに。触ろうとするとその子犬は突然キレたように暴れ、噛み付いてきた。戸惑うお母さんを遮るように、別の店員が子犬の口に自分の指を入れた。すると子犬はうなだれ、おとなしくなった。

「噛み防止のための苦いスプレーをかけた指を口の中に突っ込んでいたのです。聞くと、ワクチン摂取のために行った病院でも大暴れし、無理やり押さえつけて叱ったら恐怖からかおしっことうんちをしちゃった、と……。『それから自分には逆らわなくなった』とドヤ顔で話す店員に、この子をここに置いては帰れない! という思いに駆られました」

 すずらんちゃんと同じ母犬から生まれた正真正銘のきょうだいと明らかになったことで、お母さんの気持ちは決まった。

 黒柴の男の子は「楓」と名付けた。こうして、すずらんちゃん、楓くんきょうだいとの暮らしがスタート。それは混迷を極める日々の始まりだった。

豆柴楓くん
初めての首輪。外そうとしたとき楓くんが豹変、お母さんの手が流血沙汰に(飼い主さん提供)

甘嚙みに本気嚙み お母さんの手は血だらけに

 すずらんちゃんは体力が有り余っていて、甘噛みが止まらない。楓くんは人間不信が強く、話しかけても反応がなく目も合わない。触ろうとすると豹変し、噛み付いてきた。

「初めて首輪をつけた日。外すときに本気噛みされ、指にザックリと穴が。その後も何かにつけてはキレて、両親をはじめ家族全員が血祭りに挙げられました」

 お母さんの手は、すずらんちゃんの甘噛みで傷だらけ、楓くんの本気噛みで血だらけという惨状に。「それまで3匹の柴犬と一緒に暮らし、育ててきた経験がまったく役に立たない。というか、経験を生かす場もタイミングも一切ないほど、これまでの犬たちとは何もかもが違っていました」とため息をつく。

 ペットショップの店員から「新しい犬は2週間はケージ内で過ごさせ、先住犬とはケージ越しに対面させる。無理に近寄らせないように」と言われたので、それを守ったが、2匹はケージ越しにガウガウ! 楓くんが噛み付き、すずらんちゃんが「ギャン!」と声を上げた。そんな2匹の様子に家族もだんだん暗い表情を見せ始め、近寄らなくなっていったという。

ケージ越しにやりあう2匹。30秒付近に「キャン!」という悲鳴が

「まともに抱っこもできず、何をしてもキレる楓を、すずらんと直接触れ合わせることができる日が来るんだろうか。本気で噛んですずらんがケガしたらどうしよう。もしかしたら楓は一生ケージの中に隔離して生きることになるのでは? そうなったらそもそも2匹を一緒に飼うなんて無理なんじゃないだろうか……

 ひとり苦悩を深めていったお母さん。当時の写真を見返しながら目を潤ませる。

「ペットショップでひどい扱いを受けていたのがガマンできずに連れて帰ったのに、もし楓を手放すことになったらまた人間からひどい仕打ちを受けることになる。かと言って、先に迎えたすずらんを裏切るようなことは絶対にしてはいけない……。あのころは本当に苦しくて、毎日毎日泣いていました」

店長の「一緒にしちゃお!」にビックリ

 なんとかきょうだい一緒に暮らせるようにできないだろうか。必死にネットを検索する中で、高橋店長のブログにたどり着く。「ピリピリとしてすごく噛む柴犬の女の子が、社会化お泊まりの1週間を経て笑顔になったというエピソードを読み、ここなら、この人にならお願いできるかも……と。本当にわらをも掴む思いだった」

 思い切って電話すると、電話口には高橋店長が。「私としてはこれまでの経緯を冷静に説明したつもりでした。ところが店長から『お母さん、落ち着いて』と言われて。自分でも気づかなかったけれど、かなりテンパってたみたい」と笑う。

 そしてカウンセリング。ケージ越しにしか会わせられない2匹を同じキャリーケースに入れることはできない。お母さんはすずらんちゃんをバッグに、抱っこできない楓くんはリュック型のキャリーケースにオヤツでなんとか誘い込み、UGまで連れてきた。ところが、店に着くなり店長は「めんどくさいから一緒にしちゃお!」と、2匹を同じスペースに解き放った。

 お母さんビックリ! しかし、慣れない場所での緊張もあったのか、ケンカすることもなく初の直接対面を無事に果たした。もちろん、店長は2匹を見て大丈夫と判断し引き合わせたという。

豆柴すずらんちゃんと楓くん
社会化お泊まり初日。まだ表情が硬い2匹(飼い主さん提供)

「すずらんちゃんは体力とエネルギーがたぎっているハイパータイプ。群れの中でほかの犬と遊び、お散歩して、どんどん解放すればいけるだろうと思いました。

 ヤバイな、と感じたのは楓くん。黒柴らしく繊細で神経質なところがあり、確かにお母さんが言うようにまったく目が合わない。オープンマインドのすずらんちゃんに対して、感情を押し込めていて、触ろうとすると突然スイッチが入りマジ噛みする。闇が深いと感じました」

 高橋店長は続ける。

「この連載でも、ブログやSNSでも言い続けていますが、柴犬をナメちゃダメ。うちにカウンセリングに来るご家族で、手足が噛まれて血だらけ傷だらけというのは『柴犬あるある』です。実はカウンセリングしているとき、すずらんちゃんは僕の腕にもガブッ(笑)。子犬のうちならまだしも、成長した柴犬に噛まれたら大ケガします。シャレになりません」

 すずらんちゃんと楓くんは、揃って社会化お泊まりへ。その1週間で、「一緒に暮らせるのだろうか」と不安にさいなまれていたお母さんの涙を吹き飛ばす「きょうだいの絆」が生まれる。
(後編に続く)

高橋信行店長 プロフィール
物心がつく頃から動物関係の仕事に就きたいと考え、動物系の専門学校を卒業後、ペットショップに就職。いくつかの転職を経て、現在はUG DOGSアトラスタワー中目黒店店長。これまでカウンセリングは1300件以上、お泊まりで預かった犬は1000匹を超える。愛犬は、ジャック・ラッセル・テリア「ロイス」。
UG DOGS アトラスタワー中目黒店
住所:東京都目黒区上目黒1-26-1 中目黒アトラスタワー106
TEL:03-5708-5592
営業時間:11:00~20:00(年中無休)
公式サイト:https://anm.ugpet.jp/
店長ブログ:https://www.ugpet.com/blog/anm/
※カウンセリングは電話、対面とも要予約。HPや高橋さんのブログをチェックした上で問い合わせを。

【関連記事】家族をガブガブ噛みまくる子犬、犬まみれ合宿で変われるか!?

中津海麻子
フリーライター。「酒とワンコと男と女」をテーマに、ワインや日本酒や食、ペット事情、人物インタビューなど幅広く取材、執筆。JALカード会員誌「AGORA」、同機内誌「SKYWARD」、「ワイン王国」「朝日新聞デジタル &w」「好書好日」などに寄稿。

sippoのおすすめ企画

sippoの投稿企画リニューアル! あなたとペットのストーリー教えてください

「sippoストーリー」は、みなさまの投稿でつくるコーナーです。飼い主さんだけが知っている、ペットとのとっておきのストーリーを、かわいい写真とともにご紹介します!

この特集について
だから犬って最高だ!
「育犬ノイローゼ」に陥った飼い主が藁をもつかむ思いで全国からやってくる「駆け込み寺」=UG DOGSアトラスタワー中目黒店。ハイパーな子犬たちと悩める飼い主を相手に日々奮闘する店長・高橋信行さんの実録ルポ。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。