猫の秘密結社、再び 愛猫とのお別れ後、母のもとに瞬殺で子猫がやってきた

 

大盛のぞみ猫マンガ「やっぱ、猫じゃけぇ」1コマ目

 

大盛のぞみ猫マンガ「やっぱ、猫じゃけぇ」2コマ目

 

大盛のぞみ猫マンガ「やっぱ、猫じゃけぇ」3コマ目

 

大盛のぞみ猫マンガ「やっぱ、猫じゃけぇ」4コマ目

 

 愛媛の実家では元野良姉妹の猫2匹を保護して飼っていたのですが、そのうちの1匹、サブ子がこの間、亡くなりました。

 体調を崩してから2カ月ちょっと。ガリガリにやせて食欲がなくなったサブ子に、ちゅーるや水を与えて少しでも長生きしてもらおうと、姉も母も頑張っていたのですが、残念です。

 やっぱり、生き物が亡くなるのは何度経験しても慣れるものではないですね。かなりドライな性格だと思っていた母も、優しく賢かったサブ子を思って泣いたり落ち込んだりしていました。

 どうやって慰めたらいいか……と考えていたんですが、つい先日のこと!

「あんた、多分うちの屋根裏に子猫がおらい……。夜中やなんかに小さい鳴き声がしよるもん!どこかの野良猫が、あの家の屋根裏は過ごしやすいって教えよるんやろうか?」と電話が。

えええ……! はよ捕まえてあげんと!!」と言うと、「屋根裏なんか、この家には老人しかおらんのに登れんよ!」と母。

「大変、子猫が死んでしまうかも!!」と、慌てて姉に相談。結局、すぐに姉夫婦、弟夫婦を巻き込んでの大救出劇となりました。

 助けられた三兄弟は、ハンコで押したようにそっくりな見た目。

白い子猫3匹
コピペではありません。ホントにそっくり

 結局、やはり母猫は出てこずで、しばらくミルク給餌と排泄のお世話をせねばならないのが確定しました。

「あーー困った困った! 猫なんかもうこれ以上面倒みれんと思っとったのに!! 母猫も早く探し出して避妊手術せんと!!」と、面倒くさそうに言いながらも、嬉しそうな母。

 大変なのは間違いないけど、サブ子を亡くして無気力だった母に、頑張る気力が湧いていて、ちょっと安心しています。

「あんたはまだまだ猫助けしなきゃいけないよ!」と、サブ子が母に子猫を派遣してきたんじゃないか?という気もしています。

(この連載は隔週金曜日に更新します)

【関連記事】子猫が次から次へと…! 母が猫の秘密結社に目をつけられた

大盛のぞみ
中太りひきこもり系主婦。漫画をInstagramに投稿するのが趣味。好きなものは脂と猫。嫌いなものは運動と努力。赤子系旦那と子供2人、猫3匹の7人家族です。

sippoのおすすめ企画

猫の健康バロメーター“おしっこ持参検査”始めませんか?

 猫の8割がかかるといわれる慢性腎臓病。知らず知らずのうちに進行するため、飼い主さんの健康管理が猫の寿命にも関わります。対策について、詳しく話を聞きました。

この特集について
やっぱ、猫じゃけぇ
意識低い系主婦による猫マンガ。三度の飯と同じくらい猫が好き。そんな気持ちを毎週部屋の隅っこからぶつけます。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。