お太りさま猫「ぐっぴ-」 暑すぎる夏の熱中“しすぎる”症注意報

猫マンガ「ぐっぴーのたぷたぷ日記」1コマ目

猫マンガ「ぐっぴーのたぷたぷ日記」2コマ目

猫マンガ「ぐっぴーのたぷたぷ日記」3コマ目

猫マンガ「ぐっぴーのたぷたぷ日記」4コマ目

猫マンガ「ぐっぴーのたぷたぷ日記」5コマ目

 長梅雨が明けたと思ったら、ものすごく暑い日が続いていますね。

 暑い夏に、人も猫も気を付けなければいけないのが「熱中症」です。

 ぐっぴーは、「熱中症」を“「熱中」しすぎてしまう病気”と勘違いしたようですが(そして「熱中」=バスケットボールという、漫画『スラ〇ダンク』に影響されまくった思想をお持ちのようです)、「熱中症」とは、一般的に暑さにより体温の調節機能が乱れたり、脱水により引き起こされる体の不調(病気)のことをいいます。

 人間はもちろんですが、熱中症は室内にいる猫も発症することもある病気なのは、ご存知でしょうか?

 ぐっぴーのように、(少し)ぽっちゃりしている子は、自宅警備と銘打ってほとんど動かずゴロゴロしていたとしても、皮下脂肪の保温効果で熱がこもりやすいことから、特に熱中症の注意が必要なんだそうです。

 猫は基本的には涼しい場所に移動したりして自分で体温調節をしますが、気温や湿度が高く風通しの悪い場所に閉じ込められたり、水分補給のできない環境にいたり、暑い部屋で激しい運動をしたりすると猫も体温調節機能が乱れますので、熱中症を引き起こす可能性があります。

 夏場の、特に外出時などにはクーラーを活用して室温が高くなりすぎないようにし、猫がいつでも水を飲める状態にしておいて、猫の熱中症を予防しましょう!

<おしらせ>

 ぐっぴーが「くまくま」こと猫界の親方「くまお」とその妹分「こぐま」、そしてsippoとコラボしたチャリティLINEスタンプができました!

 収益は、全額新型コロナウイルスで譲渡会などが開催できず、苦境に立たされている動物保護団体へ、寄付されます。

 普段使いにも無駄打ちにもたくさん使える、ふくよかなラインナップになっています。ぜひ、いつもの生活にぐっぴーとくまくまを取り入れて遊んでください!

 みんなで力を合わせて動物保護団体をサポートできたら嬉しいです!

ぐっぴーくまくま×sippo ねこスタンプ
ぐっぴー
Instagramのフォロワーは約25万人! 2012年冬、路上で瀕死状態だったところを現在の飼い主に保護され、“お一人様”から“お太り様”に。むっちりボディと黒めがちなつぶらな瞳が特徴。元男子。
Instagram:@gupitaro/Twitter:@Gupitaro1102/ブログ:「ぐぴログ。

【関連記事】こんな不安なご時世だから 癒やしの猫専門職「デレワーク」推奨

さきとも
さきが飼っていた猫「ぐっぴー」に、ともがひと目惚れし、さきともと「ぐっぴー」の謎の共同生活を開始。2015年、思いつきで一緒にInstagramアカウントを開設。現在はふたりで「ぐっぴー」の育成を行う。

sippoのおすすめ企画

猫の寄生虫、どんな子も迎える前に検査・駆虫の習慣を 獣医師と保護猫のプロに聞く

「保護猫」を家族に迎える人が増えています。外暮らしを経験したことのある猫の場合、寄生虫への注意が必要です。獣医師と保護猫のプロに聞きました。

この特集について
ぐっぴーのたぷたぷ日記
ぽっちゃり猫「ぐっぴー」の知られざる日常生活を、飼い主がゆる~く愛あふれる写真マンガ仕立てでつづります。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。