海辺生まれのヤンチャな子猫 譲渡先で先住猫から手荒い洗礼

茶トラ猫
ぼくだって、キリリとする時あるんだよ

 海辺の波消しブロックの陰で暮らす野良猫が産んだ子猫たち。カラスに狙われそうで、保護団体に保護された。その中の1匹、茶トラの子猫は、譲渡先でも怖いもの知らずで、すぐにヤンチャぶりを発揮した。だが、先住猫の反応だけは違った。

(末尾に写真特集があります)

海辺で生まれた子猫

兵庫県芦屋市の芦屋浜。波消しブロックの陰に隠れるように野良猫たちが暮らしていた。そこで2016年の初夏、野良猫が4匹の子猫を産んだ。母猫はなかなか捕獲できず、TNRに失敗した猫だったようだ。

子猫たちがテトラポットの上にはい出るようになると、カラスが飛来し始めた。「これは危ない」と、保護団体が子猫たちを保護した。

寝転がる茶トラ猫
まったりできる午後、至福の時

4匹の子猫は、預かりボランティアのもとですくすくと育った。順に譲渡され、中の1匹だけが残っていた。

1匹より2匹

兵庫県内の山本さん宅では、あんこちゃんというメスの保護猫を引き取って飼っていた。一人っ子のように育つのも悪くはないが、他の猫と触れ合わないまま成長してもいいものだろうか、と山本さんは考えていた。

「人間だって兄弟がいた方がいい。猫も1匹より2匹いたほうが望ましいのでは、と思ったんです」

顔をかく猫
かいかいってしているだけなんだけど、可愛いでしょ。エヘッ!

2匹目の猫を迎えたいと思い、山本さんは譲渡サイトで子猫を探した。夫が望んでいたピンク色の鼻をした茶トラの子猫(オス)が見つかった。

性格は一言で言うなら「悪い」

2016年7月、その子猫の2週間のトライアルが始まった。生後2カ月くらい。キャリーの扉を開けると、ちょっと辺りを見回した後、我が家のように走り回った。「まるで、ここ、ぼくの家だよと言っているようでした」。子猫には、「虎太郎」と名付けた。

虎太郎は、人懐っこくて、物おじしない性格。保護団体のスタッフが帰ると、すぐに膝の上に乗って寝たという。「スタッフに、どんな性格ですかと尋ねたら、一言『悪い』とおっしゃって。笑ってしまいましたが、3歳になっても相変わらず悪いんです。ブラインドのひもは切るし、スカートやベルトも引き裂かれました。でも、不思議と爪とぎは、爪とぎでしかしないんですけど」

3日間は完全に隔離して、その後、先住猫のあんこちゃんと、ケージご越しに少しずつ対面させた。

子猫
無邪気な子猫時代

あんこちゃんは、新入りをシャーッと威嚇し、山本さんに虎太郎くんの匂いがついただけでも、シャーシャーいって怒った。仕方なく、山本さんは、虎太郎くんを触った後は着替えて、シャワーで匂いを落としてから、あんこちゃんの世話をした。ひと夏は、あんこちゃんと山本さんは2階の寝室で、虎太郎くんと夫は1階で眠ったという。

ただし、あんこちゃんは夫に虎太郎くんの匂いがついても、不思議と怒らなかったという。

いまでも、あんこちゃんと虎太郎くんは、人ひとり分くらいの空間をあけて暮らしている。虎太郎くんはあんこちゃんに遊んでほしいようだが、なんとなく近寄りがたい空気なのだ。それでも2、3カ月に一度はチューをするのだという。

【関連記事】マンション10階の廊下に、なんと子猫 住民が保護し新しい家へ

渡辺陽
大阪芸術大学文芸学科卒業。「難しいことを分かりやすく」伝える医療ライター。医学ジャーナリスト協会会員。朝日新聞社sippo、telling、文春オンライン、サライ.jp、神戸新聞デイリースポーツなどで執筆。FB:https://www.facebook.com/writer.youwatanabe

sippoのおすすめ企画

獣医師が解説 知っておきたい、猫と人をおびやかす寄生虫のこと

ときに健康を損なったり、命の危険すら及ぼしたりする寄生虫。愛猫のために、きちんと寄生虫の種類と対策を知っておくことは飼い主として必須です。

この特集について
幸せになった保護犬、保護猫
愛護団体などに保護された飼い主のいない犬や猫たち。出会いに恵まれ、今では幸せに暮らす元保護犬や元保護猫を取材しました。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。