保護した子猫~ズ 無事全匹卒業に“うれしさびしい”母ゴコロ

 実家で保護していた子猫6匹のうち、後から来た3匹はほぼ離乳が終わっていて、検査やワクチンが済んだらすぐにもらい手を探せるという状況でした。

「どうしよう〜〜! 早よもらい手見つけんとこのままじゃ家に猫が8匹になってしまう!」と、先住猫プラス子猫6匹の未来予想図を描いて焦っていた母ですが、引き取り手が見つかったら見つかったでしんみり。

 一時は、「我が子を嫁に出すより悲しい。あんたらは何かあったら大騒ぎして連絡してくるけど、この子達はLINEもしてくれんし……。いっそこのまま子猫6匹育てようか!」とまで言い出した母ですが、「老人しかいない家なんやし、猫の方が長生きするよ!?」と姉と私で一緒に説得して送り出す決意を固めてもらいました。

 子猫たちが旅立つのは、千葉。

 すごく遠いんだけど、私の家の近所に住んでる友達に飼ってもらえるということで、私も近況を見に行かせてもらえるし、写真ももらえるしで、本当に感謝しています。

 兄弟3匹でいるおかげか、もらわれて行った初日はビクビクしていたけど、ご飯をもりもりと完食。翌日からは元気に家の中を探検。

 先住犬のポメラニアンの一滴も出ないおっぱいを吸う子の写真が送られてきて、家族全員爆笑しました。

おっぱいくだちゃいにゃ

 生まれたてホヤホヤからミルクの世話、お尻の世話までしていた母や姉からしてみたら、子猫たちの行く末となると確かに我が子を思うくらい心配だったんじゃないかな、と思ってます。

 私が猫たちにしてあげられることは病院代、輸送費の援助くらいだったんだけど、近所で元気に跳ね回って遊んでる姿を見ると、少しでも子猫たちに関われてよかったと思ってます。

 残りの3匹も、続々ともらい手が決まりました。

 子猫〜ズ、みんな幸せをつかめて本当によかったです。

子猫~ズ、幸せになるんだよ

(この連載は隔週金曜日に更新します)

【関連記事】子猫が次から次へと…! 母が猫の秘密結社に目をつけられた

大盛のぞみ
中太りひきこもり系主婦。漫画をInstagramに投稿するのが趣味。好きなものは脂と猫。嫌いなものは運動と努力。赤子系旦那と子供2人、猫3匹の7人家族です。

sippoのおすすめ企画

猫の健康バロメーター“おしっこ持参検査”始めませんか?

 猫の8割がかかるといわれる慢性腎臓病。知らず知らずのうちに進行するため、飼い主さんの健康管理が猫の寿命にも関わります。対策について、詳しく話を聞きました。

この特集について
やっぱ、猫じゃけぇ
意識低い系主婦による猫マンガ。三度の飯と同じくらい猫が好き。そんな気持ちを毎週部屋の隅っこからぶつけます。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。