飼育放棄された純血猫 猫好きな家で、虐待の記憶を消していく

ふわふわのマンチカン「うにくん」
ふわふわのマンチカン「うにくん」

 ペットショップから買われた純血種のマンチカン。白くきれいな猫だったが、飼い主の女性に虐待され、飼育放棄された状態だった。縁あって猫好きの家に迎えられ、少しずつ心の傷が癒えていった。

(末尾に写真特集があります)

 マンチカンの「うにくん」は、2012年8月生まれ。ふわふわの白い被毛が美しい猫だ。ペットショップで売られていて、ある女性に買われた。だが、女性は精神的に病んでいたらしく、「猫を見ると、たたいてしまうねん」「いらんから、保健所に連れて行く」と周囲にもらしたという。

 そのため保護されたものの、保護主宅は介護が必要な家族がいたため飼えない、と同じ職場の奥内さんに相談があった。そこで大阪府内に住む奥内さんが自分で引き取って飼うことになった。

顔を触られることを嫌い、怒る猫

 こうして奥内さん宅に迎えられたうにくんだったが、虐待を受けていたせいか、触られることを嫌い、特にお腹を触られたり、顔を触られたりすると、シャーッと声をあげて怒った。頭だけはなでることができたが、奥内さんは嫌がることはしないように気を付けた。

ストレッチ、気持ちいいにゃ
ストレッチ、気持ちいいにゃ

 それでも、引き取ってから1週間ほどで徐々になれていった。動物病院で診てもらったが、病気はなかった。

 奥内さん宅には、すでに3匹の保護猫がおり、一番最初に来た夏ちゃんがボス。うにくんは、近くを通っただけで夏ちゃんに叩かれた。それでもうにくんはケンカをけしかけるようなことはなく、夏ちゃんに近づかないようにしていたという。

やさしく面倒見のいい猫

 家にやって来て半年くらい経つと、うにくんは虐待された過去を忘れたかのように、なでてもだんだん怒らなくなった。奥内さん宅で、譲渡を待つ子猫たちのグルーミングをしたり、一緒に遊んだりと面倒を見ている。

「マンチカンという洋猫がもともと持っている優しさが、うにもあるのか、子猫にも優しいんです」

せなくんと仲良くくつろぐ
せなくんと仲良くくつろぐ

 奥内さんが好きな被り物にもつきあってくれるようになった。水道から流れる水が好きで、よく蛇口から水を飲む。教えると、お手やおかわりもできるようになったという。

「虐待されていた猫には、できるだけ早く人の優しさや愛情を知ってほしいですね。出会いや縁が大事です」

【関連記事】夜道をついて来た子猫 迷った末、家に入れると手放せなくなった

渡辺陽
大阪芸術大学文芸学科卒業。「難しいことを分かりやすく」伝える医療ライター。医学ジャーナリスト協会会員。朝日新聞社sippo、telling、文春オンライン、サライ.jp、神戸新聞デイリースポーツなどで執筆。FB:https://www.facebook.com/writer.youwatanabe

sippoのおすすめ企画

猫の寄生虫、どんな子も迎える前に検査・駆虫の習慣を 獣医師と保護猫のプロに聞く

「保護猫」を家族に迎える人が増えています。外暮らしを経験したことのある猫の場合、寄生虫への注意が必要です。獣医師と保護猫のプロに聞きました。

この特集について
幸せになった保護犬、保護猫
愛護団体などに保護された飼い主のいない犬や猫たち。出会いに恵まれ、今では幸せに暮らす元保護犬や元保護猫を取材しました。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。