ながめる角度を変え、匂いを楽しみ…猫の後頭部のフェチな愛で方

 猫をほめてほめて、ほめちぎる…これが猫好きさんの日常。

 猫を見れば「かわいい! 今日もかわいいね。どうしてそんなにかわいいの?」と連呼するので、そのうち猫は、自分の名前が「かわいい」と勘違いしちゃうかもしれません。

 ごはんの時は「よく食べてえらいね!」、机の上に飛び乗れば「すごい! 今の、かっこいいジャンプだったよ!」猫の得意そうな顔を見て、幸せな気分になります。

 猫フェチカメラマンである私は撮影時、猫の魅力をほめ称えながらシャッターを切り、細部にも注目していきます。ふぐふぐ、しっぽ、肉球、後頭部……などなど。

 この連載では、そのひとつひとつの魅力を写真とともに堪能し、猫フェチ道を究めていきたいと思います。

 第1回目は「猫の後頭部」の愛で方です。

“フェチ”ポイント①自分だけのベスト後頭部アングルを見つけて

ツートップの贅沢な味わい
ツートップの贅沢な味わい

 後頭部を見上げるように、または上から、斜めから……さまざまなフォーメーションで注意深く観察してみると、全角度が完璧な造形美だということを再確認するでしょう。

 うなじへと続く毛並み、裏から見る耳、額へのライン。考える健気さや哀愁をも感じられるでしょう。

 そして後頭部を愛でる究極の醍醐味は、たっぷり時間をかけて自分だけの萌え角度を見つけること。

フェチポイント②後頭部を愛すなら、匂いまで

嗅ぎたくなるカールしたうなじの毛並み
嗅ぎたくなるカールしたうなじの毛並み

「猫の後頭部、たまらないよね」という「後頭部フェチ」さんは、必ずと言っていいほど匂いを嗅ぎます。猫は肉球と鼻先にしか汗をかかないから体は無臭なはずですが、甘いミルクのような香りがすると言う人もいます。

 私は猫の後頭部に顔を近づけると、お日様の匂いがしました。

 それは称賛に値する、幸せになる匂い。ずっと嗅いでいたくなる匂いです。

フェチポイント③髪型を味わう

うなじへ流れるようなモヒカンスタイル
うなじへ流れるようなモヒカンスタイル

「うちにロックな猫がいるよ」と聞いてお邪魔してみると……。

 なんと、天然のモヒカン模様。「こっちにカメラを向けるなシャーシャー!」とロック魂の持ち主だったのです。

 長毛種のライオンのような「たてがみ」には誇りを、黒猫には「禅」を感じます。

 キジトラの後頭部に入る美しいライン、三毛猫の不規則なブチ模様…。

 個々の猫の後頭部に表れるアイデンティティを味わいます。

芳澤ルミ子
カメラマン。独学で写真を学び「猫びより」「ネコまる」等、猫撮影を中心に活躍。著書に「にゃんたま」(自由国民社)、「ネコの裏側」(辰巳出版)等。マニアックな作風から“猫フェチカメラマン”という新たなジャンルを開拓しつつある。

sippoのおすすめ企画

猫の健康バロメーター“おしっこ持参検査”始めませんか?

 猫の8割がかかるといわれる慢性腎臓病。知らず知らずのうちに進行するため、飼い主さんの健康管理が猫の寿命にも関わります。対策について、詳しく話を聞きました。

この特集について
猫フェチ道をゆく
後頭部、お腹、ふぐふぐ(口元)…猫は細かいパーツも全部かわいい。そのひとつひとつを愛でる方法を、猫フェチカメラマン・芳澤ルミ子さんが解説します。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。