保護犬猫の見学を個別対応 新型コロナの影響で収容数限界の恐れ

今年1月に新設した猫舎=長野市
今年1月に新設した猫舎=長野市

 保護された犬猫と新しいもらい手とをつなぐ役割を担う長野市保健所動物愛護センターは、1日から時間予約で個別に見学してもらうことにした。新型コロナウイルスの感染拡大で休日譲渡会を中止せざるをえず、特に猫の収容数が限界に達しつつあった。

 同センターは3月30日現在、猫39匹、犬4匹を保護。「動物愛護や殺処分ゼロを推進する拠点に」と、今年1月に40匹収容できる猫舎を新設したが、保護した猫でほぼいっぱいになった。多い時は5060組が訪れる毎月第3土曜日の休日譲渡会を3月から中止。平日も外出控えで訪れる人が減っているためだ。

 同センターは「春からは子猫も入ってくる。このままでは猫の飼育環境が悪化しかねない」と危機感を募らせる。時間予約による個別訪問に限ることで、新型コロナの感染リスクを下げられるとしている。

 見学時間は平日午前10時~正午と午後1~3時で、1グループにつき20分以内。予約は市保健所食品生活衛生課(0262621212)へ。
(北沢祐生)

【関連記事】新しい家族と出会えたかな? 猫を飼うなら、ぜひ譲渡会に!

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

sippoの投稿企画リニューアル! あなたとペットのストーリー教えてください

「sippoストーリー」は、みなさまの投稿でつくるコーナーです。飼い主さんだけが知っている、ペットとのとっておきのストーリーを、かわいい写真とともにご紹介します!

この特集について
新型コロナウイルス関連特集
新型コロナウイルスが感染拡大を続ける今、犬や猫と暮らす飼い主さんにぜひ読んでほしい関連記事を集めました。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。