新しい家族と出会えたかな? 猫を飼うなら、ぜひ譲渡会に!

譲渡会で猫に触って相性を確かめる湯本紗良さん(左)と弟の悠雅君=長野市
譲渡会で猫に触って相性を確かめる湯本紗良さん(左)と弟の悠雅君=長野市

 長野市保健所で21日、市内で保護されたり、飼い主が飼えなくなったりした猫のもらい手を探す譲渡会があった。家族連れらが実際に抱きかかえるなどして、相性を確かめていた。


 譲渡対象となった猫は約30匹。犬は近年、飼い主による管理が徹底されていることなどから数が減り、この日はゼロだった。


 訪れた人たちは、保健所職員やボランティアのスタッフとともに1~3匹ほどに分けてケージに入れられた猫を見て回り、特性を聞いたり、触れたりしていた。後日、保健所がもらい手の飼育環境などを確認後、飼い主に選ばれる。人気があれば抽選になることもあるという。


 弟らと来ていた千曲市の大学3年生、湯本紗良さん(21)は「人懐っこい猫ばかりでとてもかわいい。飼ってみたい猫が見つかりました」と話した。


 同保健所で預かれる数には限りがあり、猫は40~50匹、犬は20頭ほどという。引き取り手がなければ殺処分される可能性もあり、保健所食品生活衛生課の関口徳之さんは「ぜひ譲渡会に来てほしい」と呼びかけていた。


 譲渡会は毎月開かれており、次回は2月25日午後1~3時。問い合わせは同保健所(026・226・9970)


(鶴信吾)

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

sippoの投稿企画リニューアル! あなたとペットのストーリー教えてください

「sippoストーリー」は、みなさまの投稿でつくるコーナーです。飼い主さんだけが知っている、ペットとのとっておきのストーリーを、かわいい写真とともにご紹介します!

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。