愛猫に新しい趣味?水槽をじ~っ お魚パラダイスになったわが家

メダカや熱帯魚をのぞき込むはっぴー
メダカや熱帯魚をのぞき込むはっぴー

  つい数カ月前まで観賞魚に縁がなかった私ですが、ふとしたきっかけで熱帯魚やメダカを飼うことになり…休日はアクアショップをのぞいたり金魚屋のおじさんと話したり。猫の取材先で“稚魚”のおすそわけをしてもらうほど、魚愛好家に変身したのです。

(末尾に写真特集があります)

 こちらの水槽を見ていたかと思えば、あちらの水槽をじ~っ。最近、愛猫はっぴーやイヌオに魚鑑賞という新たな趣味?ができました。今、我が家には7つの水槽があり、数十匹の魚が泳いでいます。

 まさか、こんな“お魚パラダイス”になるとは猫たちも思わなかったでしょう。ことの発端は、一匹のベタ(タイ原産の熱帯魚)でした。

「ほかの魚を追い回すから、このオスを一匹預かってほしい」

 そう言って、弟が水槽ごと家に持ってきたのです。ベタのオスは闘争心が強く闘魚としても有名。でも器官が特殊なため、小さな容器で酸素なしでも、簡単に飼えるのだといいます。魚は飼ったことがないのですが、頼む、と言われて引き受けることにしました。

はっぴーの寝室にある水槽
はっぴーの寝室にある水槽

これは何?と猫がのぞきこんで

 水槽を棚に置くと、はっぴーが、なになに?と近づいてきました。水中でヒレを揺らして泳ぐ姿を不思議そうに見ています。猫は魚にちょっかいを出すイメージがありましたが、まったくそんな気配はなし。「へえ、何かいるね」という感じ。

 これなら“共生”は大丈夫だなと思ってアクアショップで餌を買い、「案外可愛いね」と弟に報告すると…なんと翌週、「ぼくは体調が悪くなって世話ができない、ねえちゃん飼育がウマいからこの子らも」と、別のベタやメダカやテトラを何匹も携えてやってきたのです。

「ちょっと待って、多いよ」

 そう言いながらも、おだてられてまんざらでもない私。食欲旺盛なベタがおもしろいし、メダカが何ともきれいでした。

 メダカは子どもの頃に池で見たものと違い、赤や白など色々な種類がいます。はっぴーたちもガン見。でもやはり手を出そうとはせず、すばしっこく泳ぐ姿をただ眺めています。私はホームセンターで、水をきれいにする砂や、メダカがくぐる鳥居などを買いました。今まで知らなかった世界を知り、胸わくわくというわけです。

norigataさんの愛猫エバンと熱帯魚(norigataさん提供)
norigataさんの愛猫エバンと熱帯魚(norigataさん提供)

猫友&魚友ができた!

 ふと、「猫を飼いながら魚も飼う人はいるかな?」と気になり、猫のインスタを見てみました。すると、うちと同じく2匹の猫と暮らすnorigataさん宅に、ステキな水槽が二つ。コリドラス(ナマズ目)やグッピーたちが元気よく泳ぎ回る動画を見て、なんてきれいなんだと感動しました。

〈猫もそうだけどコリドラスも色んな種類があって可愛いですよ〉〈みんな可愛いファミリーです〉というコメントにも親しみを覚え、思わずDMでやりとりをしました。

「猫ちゃんは魚に興味がありますか?」

「なかなか興味は示さないですが、いたずらされる心配がなくていいのかもしれませんね」

 norigataさんは、水草についても、「なるべく国産、無農薬のものを選んでいます。金魚はそう気にしなくていいようだけど、シュリンプなどは結構農薬にやられることもあるみたい」と教えてくれて、猫が魚たちを見ている写真を送ってくれました。

 やった、猫友&魚友(ウオトモ)が出来たぞ~とうれしい気持ちになりました。

Mさんの愛猫クレオと熱帯魚、このうち数匹がうちにきました (Mさん提供)
Mさんの愛猫クレオと熱帯魚、このうち数匹がうちにきました (Mさん提供)

黒い熱帯魚に釘付けに

 こんな調子で魚にすっかりハマり、近頃では外出先から帰ると「はっぴー、イヌオ、魚はどう?」と水槽に駆けつけるようになりました。

 そして先日のこと、都内のMさんの家に猫の取材に出かけた時、リビングの大きな水槽に、黒い熱帯魚がた~くさん泳いでいるのを見て釘付けに…。

「この魚は何ですか?」

「ブラックモーリーです。猫友から数匹分けてもらったら、増えたんです」

「まあ猫友さんから。猫と魚の輪ですね」

 ブラックモーリーは卵を産まないメダカの仲間なんだとか。Mさんの猫たちは、魚には“気があるようなないような”様子で、うまく共生をしていました。

 くるくる泳ぐ黒い魚を見ていたら、Mさんに「よかったら持っていきますか?父が繁殖した金魚もいますが(笑)、まずはモーリーだけでも」とお声かけを頂きました。

「いいんですか?喜んで!」

 …お言葉に甘え、おとなのブラックモーリーと稚魚を分けていただきました。Mさんは「この子たちをよろしく」と容器を胸に抱え、駅まで送ってくださいました。

新入りブラックモーリーを見るはっぴー
新入りブラックモーリーを見るはっぴー

「あれからまた増えたの?」猫だけでなく、弟もびっくりな展開でした。

 体長わずか数㎝とはいえ、命の重みは猫と同じ。これから外気が暖かくなりますが、水温や水質、“猫たちとの折り合い”にも気をつけながら、我が家のお魚ファミリーを大事にしていきたいと思います。

【関連記事】禁断のラインを超えた? 老猫の爪切りで、まさかの流血事件

藤村かおり
小説など創作活動を経て90年代からペットの取材を手がける。2011年~2017年「週刊朝日」記者。2017年から「sippo」ライター。猫歴約30年。今は16歳の黒猫イヌオと、2歳のキジ猫はっぴー(ふまたん)と暮らす。@megmilk8686

sippoのおすすめ企画

獣医師が解説 知っておきたい、猫と人をおびやかす寄生虫のこと

ときに健康を損なったり、命の危険すら及ぼしたりする寄生虫。愛猫のために、きちんと寄生虫の種類と対策を知っておくことは飼い主として必須です。

この特集について
ねこ飼い日記
古い魚屋の天井が崩れ、落ちてきた子猫「はっぴー」。その成長と、引き取った筆者との生活ぶりを同時進行でつづっています。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。