愛猫の手にあるハート模様に思うこと いとしくてついついギュッ

手の模様はチョウ? それともハート?
手の模様はチョウ? それともハート?

 チャッピーの手にはハートがある。私はずっと気づくことがなく、ある日妻の撮った写真を見て初めてその事実を知った。5年ほど前だろうか。

 チャッピーはいま15歳。随分と長く気づいていなかったことになる。ちなみに、写真に写るカップを見ていただくとわかるが、実は妻にはその模様はチョウに見えている。活発に動き回る猫の手に飛び立たないチョウがとまっているというのは実に魅力的なあり方だが、わたしの中ではハート。根が凡庸なのだ。

 まあ、どちらにしてもただの模様だ。でも、チャッピーの手をじっと見ていたらふと、海外の有名な振付師の言葉を思い出した。

 その人は、ダンサーをオーディションするとき必ず言ったそうだ。「私のそばに来て、手の指先を見せて」。そうすると、その形、長さ、爪の形、様々なディテールのニュアンスに、その人に至るまでの、亡くなった過去の人々の存在を感じることができるというのだ。より深くその人を知る手段ということか。

 それから時々、チャッピーの三毛の模様をじっと見る。鼻横の黒い部分、それがイタリアの形に似てるなあとか、チャッピーは静岡の御前崎で戦後最大級の台風の最中、ずぶ濡れで風に吹かれていたのを妻が保護したのだが、はぐれてしまった母やきっといたであろう姉妹のことを考え、そしてさらに遠い昔のもっと多くの猫たちに思いが至る。

 チャッピーは15歳にしては、まだ、とても元気だが、随分と足腰は弱ってきた。最近は私の寝ているベッドに上がってくるのもやっとだ。そんなこともあり、見つめていると、この三色模様はこれから未来永劫何匹の三毛が生まれて来ようとも、二度と同じことにはならないと思い始め、愛おしさについ抱きしめてしまったりする。めんどくさそうに抱かれ、少しすると人ごとのように離れるチャッピー。

 チャッピー、ほんますんません。

【関連記事】 フランスで撮影 カワイイ猫が撮れるはずが…街に猫がいない!

犬童一心
1960年東京生まれ。映画監督。主な監督作品に「金魚の一生」「二人が喋ってる。」「金髪の草原」「ジョゼと虎と魚たち」「メゾン・ド・ヒミコ」「のぼうの城」など

sippoのおすすめ企画

猫の飼い主さん必見のウェブ講座! 専門の獣医師に学ぶ動画配信中

猫のために絶対に知っておきたい知識を、服部幸獣医師から学ぶウェブ講座です。猫のお手入れ方法から、防災、病気までもりだくさん。猫飼いベテランさんから初心者さんまで「目からウロコ」の人気講座を、自分のペースでじっくり学びましょう!

この特集について
遠い目をした猫
「グーグーだって猫である」などを撮った映画監督で、愛猫家の犬童一心さんがつづる猫にまつわるコラムです。
イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。