「ワル」「ポケモン」… 2019年読まれた記事ベスト5 猫編

 2019年に読まれた記事ベスト5、犬編に続き、今回は猫編をご紹介します。今年の締めくくりに、ぜひ読んでみてください!

第1位 町工場の犬がくわえて来た子猫 従業員に引き取られ「ワル」に

 町工場で飼われていた大型犬が、生後まもない子猫をくわえて帰って来た。「保健所に」という社長に対して、従業員の女性が、自分で引き取ると申し出た。その後、子猫は「ワル」と呼ばれるほど、やんちゃに、元気に育っていた。

 

第2位 認知症になった老犬と、寄り添い支える猫 2匹の“愛”の記録

 認知症になった老犬。その犬が大好きな猫は、介護をするように寄り添った――。フォトブック『くぅとしの 認知症の犬しのと介護猫くぅ』におさめられた2匹の姿は、見る者を温かな気持ちにさせてくれる。

 

第3位 ポケモンを探しに行って、子猫を拾った 少年と猫は家族になる

 ポケモンGOで遊びに出かけた中学生が、子猫の鳴き声を聞きつけた。声は車の下からするが、おびえていて出てこない。その場で、スマホで検索し、見つけたアプリを使ってみると、かわいい子猫がそろそろと現れて……。

 

第4位 畑で一番弱虫だった野良猫 保護主恋しさに譲渡先でハンスト

 「チャーハン」は、畑で暮らしていた、文字通りの野良猫。いつもボス猫に追っかけられては、畑の主に救ってもらっていた。ある夏の日、畑の主は暑さに倒れたチャーハンを保護し、譲渡先に送り出したが……。

 

第5位 大けがをしたおとな猫 夫婦に心を許し、子猫のように愛らしく

 50代半ばの夫婦が「人生最後のペットかもしれない」と引き取ったのは、おとなの保護猫。しかも頭に大けがをして長く入院していた猫だった。心配をよそに猫は元気になり、子猫のように愛らしい甘えん坊に。

【関連記事】病気の妻を支えた子犬……2019年読まれた記事ベスト5 犬編

sippo
sippo編集部が独自に取材した記事など、オリジナルの記事です。

sippoのおすすめ企画

猫の寄生虫、どんな子も迎える前に検査・駆虫の習慣を 獣医師と保護猫のプロに聞く

「保護猫」を家族に迎える人が増えています。外暮らしを経験したことのある猫の場合、寄生虫への注意が必要です。獣医師と保護猫のプロに聞きました。

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。