迷い猫「しょこら」、駅長に就任 辞令に「ミャー」と返事

「駅長」の制帽をかぶったしょこらと細谷さん

 川西町(山形県)のJR米坂線・羽前小松駅で保護されていた迷い猫「しょこら」が12日、「駅長」に就任した。駅で式典が開かれ、町民ら約40人が駆けつけて門出を祝った。

(末尾に写真特集があります)

 しょこらは駅舎を管理・運営しているNPO法人「えき・まちネットこまつ」事務局長で、飼い主の細谷絵里子さん(38)に抱かれて登場。理事長の江本一男さん(66)が「猫駅長に任命する」と辞令を読み上げると「ミャー」と鳴いた。

 江本さんは「全国からの反響に驚いている。駅と町と米坂線の活力源として、末永く愛されてほしい」と話した。
(星乃勇介)

【関連記事】 駅で保護された迷い猫「しょこら」 利用客にも愛され駅長に昇進

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

「めざせ20歳!」大人気!服部先生のsippo猫塾、5月スタート

「猫の食事」、「老猫の看取り」などの厳選されたテーマを、「東京猫医療センター」院長の服部幸獣医師から毎月1回、東京・築地で学びます。愛猫が20歳まで生きることを目指して、飼い主として何ができるのか、ぜひこの機会に学んでみませんか。

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


症状辞典

愛犬、愛猫の病気やけがについて、獣医師が症状別に解説する辞典です。