犬が口にしたものを無理やり取るのはダメ 攻撃性や誤飲の原因に

子犬がものを口に入れるのは、自然な行為
子犬がものを口に入れるのは、自然な行為

 子犬は目新しいものを見つけると匂いを嗅ぎ、口に入れて確認します。これは子犬にとってごく自然な探索行動であり、周囲の環境中にあるものをひとつひとつ確かめながら成長していきます。

 もちろんそれが飼い主にとって大切なものである場合や子犬が口にすると危険なものである場合には放置するわけにはいきません。しかし、そもそもそのようなものを子犬の届く場所には置かないというのが正しい対策です。

 それをせずに子犬が口にしているものを無理やり取り上げることを繰り返すと、やがて子犬は何かを口にしている時に飼い主に見つかるとあわてて逃げたり、隠れるようになります。さらに飼い主に見つかると口にしているものを取られないように飲み込んでしまったり、飼い主が取り上げようとすると攻撃的に唸ったり嚙んだりするようになることもあります。

 犬の世界ではいったん口にしたものは、その犬のものです。たとえ力の強い犬であっても他の犬が口にしているものを無理やり取り上げることはしません。それは人間社会であれば他人の物を盗むのと同じく、してはいけない行為なので、そんなことをすれば当然反感を買います。

 飼い主が子犬が口にしているものを取り上げることを日常的に繰り返せば、子犬は反抗心を持ちながら成長し、やがて飼い主に抗議するようになるでしょう。

子犬のいたずら(何でも口に入れたり、物を噛むことについて)
子犬のいたずら(何でも口に入れたり、物を噛むことについて)

口にして欲しくないものは、犬が届かない場所へ

 もし子犬が不適切なものを口にしてしまったら無理やりではなく、子犬に不快感を与えないように取り返します。たとえば好物と交換したり、おもちゃなどに注意を引いて気づかれないように取り上げるようにします。

 なぜそうするのかというと、前述のように子犬が口にしているものを無理やり取り上げることを繰り返すと、子犬は何か口にしているときに飼い主が近づいてくると逃げたり、唸ったりするようになるからです。また、取られまいとして飲み込むつもりがなかったものも飲み込んでしまうことがあります。

 ただし好物との交換を繰り返すと、子犬は好物をもらうためにわざといろいろなものを口に入れるようになります。何かを口にしていると飼い主がおいしいものをくれると学習するからです。したがって、きちんと環境整備をして緊急時の時のみの対処法としてください。

 また、犬が口にしているものが飲み込めるサイズのものであれば、急いでそれを飲み込んでから、好物をもらおうとする場合があります。飲み込めるサイズのものを口にしている時には絶対に食べ物を見せてはいけません。

 一番大切なことは、取り上げることを繰りかえさないことです。繰り返せば繰り返すほど、子犬は取られまいとして前述のような問題に発展してしまうからです。そのためにも安全に噛めるものを毎日与えることと、環境の整備、すなわち口にされて困るものは届く場所に置かないということを徹底してください。

 さらに日頃から口にしているものを「ちょうだい」の合図で飼い主に快く渡してくれるようにトレーニングしておくと、とても便利です。

「ちょうだい」の合図は、ボールやおもちゃ、あるいはガムなど子犬が口にしても問題のないものを使って行います。「ちょうだい」は犬に口にしているものを飼い主に渡すともっと良いものがもらえると教え、口にしているものを飼い主に快く渡してくれるようにするための合図です。

 ちょうだいの合図をきちんと教えておけば、口にして欲しくないものや危険なものを口にしているときにも安全に取り上げることができます。

「ちょうだい」を使って、上手にいたずら防止を
「ちょうだい」を使って、上手にいたずら防止を

正しい「ちょうだい」の教え方

犬が喜んで噛むガムと、それよりもさらに好きな食べ物を用意します。この際、好物は反対の手に握り込むなどして犬に見せないようにします。「おすわり」や「ふせ」などの合図を出し、犬が従ったらガムを差し出します。

(これはすべてに共通ですが、犬に何か良いことをしてあげる前に必ず合図を出します。飼い主の合図に従えば楽しいこと、うれしいことが起こるということを子犬に教えておきます)

犬がガムをくわえたら、ガムの端を持ったまま「ちょうだい」と言いながらとりあげます。すぐに「おりこう」と言いながら反対の手から好物を与え、再びガムを渡します。これを何度か繰りかえし、「ちょうだい」と飼い主が言ったらおいしいものが出て来ることを教えます。子犬がガムを喜んで口から放すようになったら、次のステップに進みます。

次は子犬にガムを渡して自由に噛ませます。子犬が噛んでいる間に「ちょうだい」といいガムを放すのを待ちます。ガムを放したら取り上げ、「おりこう!」と誉めて、好物を与えてすぐにガムを返します。これでガムを渡すとご褒美がもらえ、取られたガムもすぐに返してもらえることことを教えます。

次は子犬が噛んでほしくないものを噛んでいた時に取り上げるためのリハーサルです。子犬にガムを与えて別の部屋に行きます。手に好物を持って戻ってきたら、子犬に近づいて「ちょうだい」と言います。子犬がガムを放して飼い主をみたら、ガムを取り上げて「おりこう!」と褒めて好物を与えて、ガムを返しましょう。

最初は好物を手に持っていてもかまいませんが、少しずつポケットに隠したり、テーブルの上に置いておくなどして、見えるところになくてもガムを放せばおいしい物をもらえると教えておきます。

この練習をしておくと子犬が噛んでほしくない物を噛んでいた時にも落ち着いて取り上げることができるでしょう。実際に噛んでほしくない物を取り上げる時には連続でおやつを与えたり、別の方向に投げるなどして子犬に取り上げられたと思わせないようにしましょう。

同様におもちゃを噛んでいるとき、ボールをくわえている時などいろいろなもので練習します。練習が終わったあと、噛むおもちゃやガムなどであればそのまま与えます。

取り上げなければならないものの場合には、好物を離れた場所に投げて与え、犬が好物を取りに行っている間に犬に気づかれないように隠します。犬に「大切なものを飼い主に取られた」という印象を与えないことが大切です。

(注意)すでに物を守って攻撃的になる犬の場合は危険ですから、まずは専門家に相談してください。

(「こころのワクチン~子犬に教える人としあわせに暮らす方法~ちょうだいトレーニング」より)

【関連記事】
子犬はかむのが仕事 留守番させる時は、犬の目線で片付けを
子犬にかみ加減を教える かんだら飼い主が隠れるのも効果的

村田香織
獣医師、もみの木動物病院(神戸市)副院長。イン・クローバー代表取締役。日本動物病院協会(JAHA)の「パピーケアスタッフ養成講座」メイン講師でもある。「パピークラス」や「こねこ塾」などを主催、獣医学と動物行動学に基づいて人とペットが幸せに暮らすための知識を広めている。

sippoのおすすめ企画

参加者募集! ペットロスが心配な方へ、今から学ぶグリーフケア

ペットを病気にしない過ごし方や、ペットロスを乗り越えるために必要な飼い主の心構えなどを学びます。ペットが生きているうちからグリーフケアを学び、幸せなペットライフを送りましょう!

この特集について
ペットのこころクリニック
犬や猫の問題行動に詳しい獣医師の村田香織先生が、ペットと幸せに暮すためのしつけや飼い方のコツをていねいに解説します。
イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。