側溝の中で鳴いていた子猫 1年後にたどりついた幸せな家

 捨てられたのか、野良の母猫とはぐれたのか、住宅地の側溝の奥で、1匹の子猫が鳴いていた。なんとか保護されたものの、なぜか引き取り手がなかなか見つからず、1歳になってから家に迎えられた。

(末尾に写真特集があります)

側溝の奥から猫の声

 2016年夏、大阪府内の住宅地。側溝の中から猫の小さな声がすると、近所の人が探していた。中に子猫がいるのがわかったが、側溝の奥のほうに入っていて、手が届かず、なかなか捕獲できない。側溝の入り口近くにウェットフードなどを置いておくと、夜中に出てきて食べているようだった。だが、人が近づくと姿を見せない。

ツンデレ猫のパンチェ
ツンデレ猫のパンチェ

 仕方なく捕獲器を設置すると、ようやく保護されたという。その時、生後2カ月くらい。預りボランティア宅で暮らしていたが、なかなか譲渡先が決まらないまま1歳になった。

 大阪府内に住む堀辺さんは2017年夏、ネットで知った保護団体「ワンハート大阪」の譲渡会で、その猫「パンチェ」に出会った。

「もらい手がない猫を」

「同じ保護猫でも、すぐにもらい手が決まりそうな子とそうでない子がいます。私はなかなかもらい手がみつからないような子に惹かれるんです。パンチェは1歳の成猫で、ワンハート大阪のブログに『なかなか譲渡先が決まらない』と書かれていたので、気になっていました」

 堀辺さんは、猫だけの留守番時間が長いこともあり、パンチェと、もう1匹の成猫「ボム」の2匹一緒にトライアルすることにした。

仲良し猫ボムの頭をポン
仲良し猫ボムの頭をポン

「パンチェは猫らしい猫で、ツンデレ。でも、譲渡会では私になでさせてくれました。預りさん宅で人と一緒にリビングで暮らしていたので、人馴れしていたんです。うちに来た日も、半日くらいで甘えるようになりました」

 パンチェは気が強くて、なんでも自分が一番じゃないと気が済まないタイプだが、教えるとオスワリやお手もできるようになったという。「ストップ、そのままよ」とか「お腹を見せて」という言葉も覚えていて、なかなかの芸達者。動物病院でも診察してもらいやすいそうだ。

 一緒に譲渡されたボムと、つかず離れず、ほどよい距離を保ちつつ幸せに暮らしている。

【関連記事】 道に捨てられ、声をからしていた子猫 今は腕の中で喉をゴロゴロ

渡辺陽
大阪芸術大学文芸学科卒業。「難しいことを分かりやすく」伝える医療ライター。医学ジャーナリスト協会会員。朝日新聞社sippo、telling、文春オンライン、サライ.jp、神戸新聞デイリースポーツなどで執筆。FB:https://www.facebook.com/writer.youwatanabe

sippoのおすすめ企画

参加者募集 「めざせ20歳!服部幸先生の猫塾」大阪で開催

猫の飼い主さんなら是非知っておきたい、自宅でできる健康管理の方法や、気をつけるべき数値を学びます。正しい知識を身につけて、20歳を目指しましょう!

この特集について
幸せになった保護犬、保護猫
愛護団体などに保護された飼い主のいない犬や猫たち。出会いに恵まれ、今では幸せに暮らす元保護犬や元保護猫を取材しました。
イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!