おこわ、ごめんね。ありがとう やっぱ、猫じゃけぇ(19)

 突然、おこわが旅立ちました。
 朝、ご飯を食べに出てこないので見に行くと体を斜めにして足を痙攣させ威嚇。
 すぐ病院に連れて行くも、血液検査とCT検査の結果はほぼ異常なし。
 夕方には状態も落ち着いたと連絡があり、翌日MRI検査の紹介状をもらうということで連れ帰ったのですが……旦那が帰宅してすぐ。
 大きな呼吸を5回して息を引き取ってしまいました。
 昨日までは元気にしていたのに……。
 突然のことに頭がついていかず、ご飯も4匹分用意してしまったり、無意識のうちにおこわを探してしまったりしています。
 もっともっと撫でたら良かった、好きなおやつをあげたらよかった、と後悔は尽きませんが、おこわと過ごした毎日は私の宝物です。
 おこわの分も残った子たちを可愛がって、いつか私がそっちに行った時によくやったと褒めてもらえるよう生きたいと思っています。
 おこわ、ありがとう。

<< 前へ戻る       次へ進む >>

【関連記事】
愛猫「おこわ」ロス ちくわと肉に救われる

大盛のぞみ
中太りひきこもり系主婦。漫画をInstagramに投稿するのが趣味。好きなものは脂と猫。嫌いなものは運動と努力。赤子系旦那と子供2人、猫3匹の7人家族です。

sippoのおすすめ企画

sippo猫塾の参加者募集!服部幸先生にじっくり学ぶ6回講座

猫のために絶対に知っておきたい知識を、猫専門病院「東京猫医療センター」院長の服部幸獣医師にじっくり学びましょう

この特集について
やっぱ、猫じゃけぇ
意識低い系主婦による猫漫画。三度の飯と同じくらい猫が好き。そんな気持ちを毎週部屋の隅っこからぶつけます。
イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!