日本の3ブランドが、毛皮を使わないFUR FREEブランドに

みなさんの買い物の基準は?

 毛皮に反対する国際連盟Fur Free Alliance (FFA)が、25以上の国々で展開している「FUR FREE(毛皮を扱わない)ブランドプログラム」。FFAのメンバーであるJAVAは、このプログラムの日本窓口となっています。

 このプログラムでは、毛皮を扱わないと宣誓してくれたブランドやショップを承認します。そして、承認されたブランドやショップの情報を消費者に情報を提供すること、そして、それらのブランド、ショップを支援することを目的としています。

 2月、株式会社Unthologyが展開する以下の3つのバッグブランドがFUR FREEブランドに加わりました!

tov(トーヴ)
ADD CULUMN(アドカラム)
Ele`Sac(エルサック)

承認された日本の3ブランド

 『ADD CULUMN』は、毛皮だけでなく革などの動物性の素材を使っていません。

 すでに世界中で970以上ものブランドやショップが、FUR FREEブランドとして承認されています。
JAVAのウェブサイトでは、日本で購入できるブランドをご紹介しています。

 ぜひショッピングの際に役立ててください。

 また、「うちもFUR FREEブランドに加わりたい」といった企業や店舗の方からのご連絡もお待ちしています。

JAVA
NPO法人動物実験の廃止を求める会(JAVA)。1986年設立。動物実験の廃止を求める活動を中心に動物の権利擁護を訴え、世界各国の動物保護団体と連携しながら活動している市民団体。
この特集について
from 動物愛護団体
提携した動物愛護団体(JAVA、PEACE、日本動物福祉協会、ALIVE)からの寄稿を紹介する特集です。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。