愛犬「ポコ」が初めて娘のひざの上に! 待ちわびた瞬間がついに

 家族で海沿いの街に暮らす、モデルの有里さん。出会って10年になる愛犬のポコちゃんと、ともに成長していく家族との暮らしについて語ります。

(末尾に写真特集があります)

 お久しぶりです。有里です。めっきり寒くなりまして、毎日凍えております。ポコも寒いからか、なかなか布団から出てきません。

 うちの娘とポコは約1歳違い。ポコが生まれた1年半後に娘が誕生しました。

 娘が生まれたばかりの頃のポコは、常に娘の側に寄り添っていましたが、娘が大きくなりヤンチャになるにつれ、「ウー! そばに来るなよー」と威嚇するように。

 娘がごはんを食べているときだけ「おこぼれ落とさないかな?」と近づくぐらい。

「何かおくれよー」
「何かおくれよー」

 2年くらい前までは、お互い付かず離れず、というか空気のような存在として、とくに触れ合いをしない状況が続いていました。

 ところが、娘が小学校3年生になったころ、ポコにいつも話しかけるようになり、オヤツをあげたり、お散歩も一緒にするようになって……。さらに短い時間なら2人っきりでお留守番もできるようになったりと、一緒にいる時間が増えるにつれて、だんだんと関係性が変わってきたのです。

「おはようー♡」
「おはようー♡」

 ポコの方からキスをするようになったり、

のんびり日曜日
のんびり日曜日

 そばで寝転んだり。

 こないだなんて奥さん! とうとうヒザの上に!! か、か、母さん感動(涙)。

ポコが初めて乗ってくれたからうれしくて動けない娘ちゃん
ポコが初めて乗ってくれたからうれしくて動けない娘ちゃん

 大げさな、と思われるかもしれませんが、ほーんとに2人が仲良くしている姿を見たことがなかったので。この日をどんなに待ちわびたか!

 いやぁ、最近すっかり2人の触れ合いショットが増えて、ニヤニヤしちゃいます。

 もっともーっと仲良くなってほしいなぁ。

 赤ちゃんの頃から一緒ですもの、なるんでしょうね。

【関連記事】
◆捨て猫と出会って数日 1通のメッセージに感激…でも寂しさも

有里
東京コレクションなどのファッションショーやイベント、ブランドの広告などで幅広く活躍するキャリア20年のモデル。父がパキスタン出身。第一子の出産を機に千葉・九十九里に移住し、自然に囲まれながら育児とモデル業に奮闘中。 Instagram @sara___yuri

sippoのおすすめ企画

投稿コーナー「朝ワンコ・夕ニャンコ」 犬と猫の写真を大募集!

「朝ワンコ・夕ニャンコ」は、みなさまに投稿していただいた写真でつくるコーナーです。毎日日替わりで、朝7時にワンコ、夕方16時にニャンコを紹介します。sippoの今日の「かお」になりませんか?

この特集について
犬と猫とわたし
愛するペットと暮らすおしゃれなファッショニスタたち。犬や猫との忘れられないエピソードや日々のライフスタイルを語ります
イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!