これは斬新! 新しい体の絞り方 猫のぐっぴーが多義語を解説

 ぽっちゃり猫の「ぐっぴー」が身体を張って、ちょっと使い方の難しい言葉をゆる~く、おもしろく解説する「ぐ辞苑(ぐじえん)」。一つの単語でたくさん意味がある「多義語」。使う場面や使い方に迷うことがよくあります。そんな「多義語」の用例を「ぐっぴー」が写真入りで説明します。

 第9回は「新しい」です。

 (多義語の意味は、岩波書店『広辞苑(第七版)』によるものです)

 意味その1:初めてである。

用例「新しいエクササイズを始めた。」 

【解説】 ぐっぴーの今年の目標は体の絞り込みだ。目指すは体脂肪率7%だという。

 今のぽっちゃりの原因が「猫背」であると考えるぐっぴーは、まずは猫背を治そうと考えているようで、最近はもっぱら謎エクササイズ「猫背矯正エぐササイズ」を実践している。

 はしごに体を沿わせるように、体をまっすぐにしたり、肩甲骨を伸ばしたりしてストレッチをする。

 涙ぐましい努力だ。しかし……

 座ると絶対、猫背になることを彼は知らない。

意味その2:今までにないものや状態である。斬新である。

用例「新しい体の絞り方。」

【解説】 しかし猫背が治らないばかりか、逆に100g増量していることに強いショックをうけたぐっぴー。

 やはり体は楽して絞るものであるとの結論に至った様子だ。

 その結果、新しい体の絞り方を習得したという。

 ・・・。外向きだ。

意味その3:できたり起こったりして間がない。使い古されていない。

用例「新しい鏡が欲しい。」 

【解説】 ぐっぴーは自慢の毛並みのケアのため、よく鏡を見る。

 最近はInstagramのやりすぎで視力が悪くなったのか、拡大鏡を好むようになった。

 我が家では、拡大鏡は風呂場にしかないため、水垢のついていない、新しい鏡に替えてくれと懇願しているのがこの写真である。 

意味その4:生き生きとしている。(肉・野菜などが)新鮮である。

用例「やはり魚は新しいのに限る。」

【解説】 ぐっぴーへのお年賀は、ぐっぴーがずっとご所望であった「魚」にしようと思っていたのだが、骨をぬいてやるのが面倒臭いため、ぐっぴーには“もともと骨のない”新しい種の魚をごちそうしてやることにした。

 ぐっぴーは疑うこともなくその“新しい魚”に興奮しているようだ。

 もうヨダレがあふれてとまらない。

 実はこの“新しい魚”は人形であり、実際には食べることはできない。

 かぶりついた後、ぐっぴーがグレたのは言うまでもない。 

意味その5:改めた後のものである。

用例「新しい年を迎えましたが、今年もよろしくお願いいたします。」

【解説】 新しい年がみなさま、またそのご家族にとって素晴らしいものでありますように。

 そして、今年も何卒よろしくお願いいたします。 

さきとも
さきが飼っていた猫「ぐっぴー」に、ともがひと目惚れし、さきともと「ぐっぴー」の謎の共同生活を開始。2015年、思いつきで一緒にInstagramアカウントを開設。現在はふたりで「ぐっぴー」の育成を行う。

sippoのおすすめ企画

猫の飼い主さん必見のウェブ講座! 専門の獣医師に学ぶ動画配信中

猫のために絶対に知っておきたい知識を、服部幸獣医師から学ぶウェブ講座です。猫のお手入れ方法から、防災、病気までもりだくさん。猫飼いベテランさんから初心者さんまで「目からウロコ」の人気講座を、自分のペースでじっくり学びましょう!

この特集について
ぐ辞苑
猫の「ぐっぴー」が身体をはって、使い方の難しい言葉をゆる~く、おもしろく解説する特集「ぐ辞苑(ぐじえん)」です。
イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!