愛犬の食欲が落ちたときの手作りごはん研究 食感が大事!

亥のかぶりもので「今年もよろしくお願いしますワン!」。
亥のかぶりもので「今年もよろしくお願いしますワン!」。

 少し時間が経ちましたが、あけましておめでとうございます!

 昨年暮れにリンパ腫が発覚し、愛犬ぷりぷりは闘病中です。応援よろしくお願いいたします。

 2回目の抗がん剤のあと、骨髄抑制という副作用で白血球、赤血球の数値が落ちてしまいました。特に赤血球がなかなか上がらず、3回目の治療までに2週間以上空き、引いていた内臓の腫れが戻ってきてしまいました。なかなか予定通りにはいかない。化学治療の難しさを痛感しています。

 年末になんとか3回目をこなし、幸い大きな副作用もなかったため、お正月は家族水入らず、のんびり過ごすことができました。とはいえ、例年なら食っちゃ寝、飲んじゃ寝でグータラと過ごすところですが、大晦日も元旦から三が日も、私はキッチンに立っていました。

クンクン……おせちに興味津々。
クンクン……おせちに興味津々。

 抗がん剤の直後、やはりどうしてもぷりの食欲が落ち気味に。体力を維持するためにも少しでも食べてほしい。それも、「おいしい!」と楽しみながら。ということで、ぷりの食欲を刺激するごはんやおやつ研究に勤しんだのです。

 着目したのは「食感」。ぷりは汁気の多い「つゆだく」があまり好きでないので、カラッとした感じを目指そう。肉や魚と野菜類をフードプロセッサーにかけ、ミンチ状にしたら、天板に薄く伸ばしてオーブンで焦がさないようにじっくり焼き上げます。

 端っこの方はクリスピーな感じで、これがぷりのツボにハマった様子。カリカリと音を立てながら、おいしそうに食べてくれます。

 でも、同じものが続くと飽きてしまいがち。次に考えたのが「ジューシー」。汁気はないけど、全体的にしっとりした感じ。ワイン好きの私の大好物は、フランスの田舎料理「パテ・ド・カンパーニュ」。肉や内臓、野菜、ハーブやスパイスを練りこみ、蒸し焼きにしたシャルキュトリーです。これをアレンジしてみよう。

 ということで、できました。名付けて「パテ・ド・ぷりぷり」!

味付けをすれば人間のワインのつまみにもいけます。
味付けをすれば人間のワインのつまみにもいけます。

 「ほぼ肉」に見えますが、煮込んで細かく刻んだ野菜を練りこんでいます。手前味噌ながら、しっとりジューシーでいい感じに仕上がりました。

 ぷりからも大好評! 「わーい、ごちそうだワン」と、ものすごい食いつきです。食感って大事だなぁ。

 毎年、お正月には必ず作る「ぷりきんとん」も。焼きいもとヨーグルトを混ぜてペースト状にしたきんとんに、ダイス状のおいもを混ぜただけの手抜きオヤツだけど。

恒例の「ぷりきんとん」。好きなもの、いっぱい食べてね!
恒例の「ぷりきんとん」。好きなもの、いっぱい食べてね!

 病気や治療の影響で、食べられなくなる子は多いと思います。愛するワンコやニャンコの食欲がなくなると、飼い主は悩みます。特に闘病中は、体力を失わないためにも少しでもいいから食べてほしい。ごはんを食べてくれるという、健康なときには当たり前のことが、どれだけ幸せなことだったかに気づかされます。

 食べられるときには、食べることが楽しい、うれしいと感じられるように。これからも「ぷりごはん」研究に邁進するぞ! 一日一日、一歩ずつ、です。

中津海麻子
フリーライター。「酒とワンコと男と女」をテーマに、ワインや日本酒や食、ペット事情、人物インタビューなど幅広く取材、執筆。JALカード会員誌「AGORA」「ワイン王国」「AERA」「週刊朝日」「朝日新聞デジタル &w」「AERA.dot」「好書好日」などに寄稿。10歳を越えた愛犬を溺愛中。

sippoのおすすめ企画

愛犬・愛猫のかわいい写真を、紹介文とともに送ってください。採用された写真はsippoや朝日新聞の夕刊にも掲載されます。

この特集について
トイプー「ぷりぷり」の二食昼寝付き
お出かけとおしゃれが大好きな食いしん坊のトイプードル「ぷりぷり」。一緒に暮らすフリーライターの愛情あふれるブログです。
イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!


動物病院検索

sippoの独自調査により、不妊手術や予防接種等の料金、夜間対応やしつけ指導などの詳細情報を無料で検索できます。