猫草へのアプローチは猫それぞれ 枯れた草好きもいたとは

猫草をひっくり返しそうになるグーグー
猫草をひっくり返しそうになるグーグー

 猫草は、多くがイネ科の植物。猫には歯ごたえがよく、かむと気持ち良くて楽しい。おなかが刺激され、たまった毛を出すきっかけにもなる。

 買う時、どの程度に育った長さがベストなのか? うちの場合、土から5、6センチが理想。いい長さだあ、と思う。しっかり育っているとすぐ枯れそうだし、短いと猫はかみづらい。今を叶(かな)え、先に長く使用できる長さ、それが5、6センチ。

 猫たちもまた、猫草へのアプローチがそれぞれで違っている。うちのチャッピーはゆっくりと、かみしめるようにハグハグする。グーグーは違う。

 おもいっきりかんで引っ張る。だから重くない猫草はひっくり返りそうになり、皿の上で、斜めになってしまう。場合によっては、皿から飛び出てひっくり返る。

 そんな状態の猫草にチャッピーは近づかない。元に戻すと「やれやれ」という感じでやってくる。グーグーがまたマイナスポイント。チャッピーから見放されていく。

 うちで猫草を今すぐ必ず欲しいとなると、訪ねる店は1軒だ。その花屋さんは常に我が家の理想である5、6センチを売っている。妻に言わせると、最初はとんでもない店だと思ったらしい。

 その花屋さんは猫を飼っていて、店先にその猫がゆったりと横になっていたりする。初めて通りかかった時、その周りに置いてある猫草がすべて枯れていたというのだ。

 猫を飼っているのに何この店!? 猫の気持ちがわかってない! と、怒っていたら、次に通ると、理想の長さ、新鮮な猫草が店先に。それから、通りかかる度に気にしていると、常に万全のものがある。

 妻は、店主と親しくなって、最初に目にした枯れた猫草のことを尋ねた。なんと、そこで飼われている猫は、枯れた猫草しか食べないというのだ。その猫のために、置いていたのをたまたま目撃したということ。

 枯れた猫草しか食べない猫もいるらしいですよ。なんか、牛みたいですね。あ、あと、猫草、間違って観賞用に買った人いませんよね?

犬童一心
1960年東京生まれ。映画監督。主な監督作品に「金魚の一生」「二人が喋ってる。」「金髪の草原」「ジョゼと虎と魚たち」「メゾン・ド・ヒミコ」「のぼうの城」など

sippoのおすすめ企画

病院が苦手なネコも、健康のために定期的に動物病院で受診しましょう。Instagramで動物病院の写真投稿を募集中!投稿1件につき100円を不幸な猫のために寄付します。

この特集について
遠い目をした猫
「グーグーだって猫である」などを撮った映画監督で、愛猫家の犬童一心さんがつづる猫にまつわるコラムです。
イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。