交通事故でけがした野良犬 人のやさしさを知り、飼い犬に

 バイクにひかれて足を骨折し、動けなくなった野良犬が保護された。人間と目を合わすことさえしない野生化した野犬だった。その犬は愛犬家宅に託された。

(末尾に写真特集があります)

 奈良県内の路上で車にはねられ、足を怪我していた野良犬が発見された。だが、なかなか預ける保護団体が見つからず、保護した人は、友人の巽さんに犬を託したという。

 犬は人に飼われた経験のない野良犬のようだった。野生化した犬は、ペットの犬のようには人間に心を許さない。なかなか人になつかず、噛みつくなど一筋縄ではいかない面もあり、飼うためには動物行動学に基づいた治療が必要なケースさえある。

 その犬は巽さん宅で「永奈(えな)」ちゃんと名付けられ、先住犬のマルチーズ「未来(みく)」ちゃんと一緒に暮らし始めた。

上手にポーズできました
上手にポーズできました

人間を知らなかった犬

 巽さんには、永奈ちゃんがこれまでどんな生活を送ってきたのかは分からない。しかし、人間をまったく知らず、警戒心と恐怖心しかない永奈ちゃんに、「人間も悪い人ばかりじゃない」と教えることからすべては始まった。巽さんを含めて人間とは目を合わせない、そして、棒状のものを見ると怖がったという。過去に誰かにいじめられた可能性もあるようだ。

 ドッグランに連れて行っても、しゃがみこんでしまったり、ベンチの下に入ってうずくまったりして、他の犬と遊ぶこともできなかったという。

 それでも巽さんには不安はなかったという。他に身寄りがいないから、より一層愛おしく、「私の力でいっぱい友達を作ってあげたい」と思ったそうだ。

 巽さん宅で、永奈ちゃんは怪我もいえ、少しずつ巽さんや先住犬の未来ちゃんに心を開いていった。やがて未来ちゃんが亡くなり、新しい保護犬の鉄人(てつと)くんがやって来て、いまは2匹仲良く姉弟のように暮らしている。

満面の笑み
満面の笑み

ドッグランでの悲しい思い

 巽さんには、少し悩みがある。ドッグランに、永奈ちゃんや未来ちゃんを連れて行った時、永奈ちゃんを見た別の飼い主が、自分の飼い犬をそっと抱き上げたのだという。

 「雑種で野犬だった永奈は、好戦的だと見られることがあります。実は未来のほうがきつい性格なんですが」

 成犬は子犬と違い、すでに性格が形成されている。人間を知らずに育った元野良の成犬をなつかせるのは、並大抵のことではなかっただろう。だが、根気よく接することで、巽さんと永奈ちゃんのような絆を結ぶこともできるのだ。

渡辺陽
大阪芸術大学文芸学科卒業。「難しいことを分かりやすく」伝える医療ライター。医学ジャーナリスト協会会員。文春オンライン、サライ.jpで執筆。自身は、健康のために鍼灸とマッサージに通う。保護犬、保護猫、老犬介護などペット問題を温かな視線で綴る朝日新聞社「sippo」、小学館「Petommorow」の記事も好評!
この特集について
幸せになった保護犬、保護猫
愛護団体などに保護された飼い主のいない犬や猫たち。出会いに恵まれ、今では幸せに暮らす元保護犬や元保護猫を取材しました。
Follow Us!
sippo編集部おすすめの記事をメールでお届け!
会員登録すると、獣医師への相談など会員限定の
サービスも受けられます。