目と耳が不自由な高齢犬がまっすぐ前に進めない 多くは原因不明

(写真は本文と関係ありません)

Q:失明し、耳も聞こえにくくなっていた14歳の柴犬(しばいぬ)が、最近になってまっすぐ前に進めず、時計回りに回り続けるようになりました。リードで軽く引っ張ってあげると、前に進みます。(三重県・女性)

A:多くは原因不明、数週間かけ回復する

 意識や知能に問題がなく、四肢の運動機能にも異常がないのに、正常な動きができなくなることを運動失調と言います。まっすぐに歩こうとするのに曲がってしまうような状態は、その典型的な症状です。

 原因によって大きく三つにわけられます。何らかの傷や腫瘍(しゅよう)によって、筋肉や関節の動きに障害が出るのが脊髄(せきずい)性。小脳の機能に異常があるため、脚をそろえて立つことができなくなったりする小脳性。そして比較的よく見られるのが、はっきりした原因のわからない前庭性で、特に「特発性前庭障害」と呼びます。

 10歳を超えた、高齢の犬で発症することが多いとされています。内耳にある感覚器官の前庭には、頭や体を重力に対して正しい位置に保つ機能があります。

 前庭に障害が出ると、頭が傾いたり、ぐるぐる回り続けたりという行動を取るようになります。目が無意識のうちに上下左右に動く症状のほか、嘔吐(おうと)や食欲不振が見られる場合もあります。

 猫でも見られる病気で、猫の場合は年齢に関係なく、夏と初秋に発症する傾向があります。

 原因がわからないため、有効な治療法はありません。ただ通常は、数週間かけて徐々に回復します。症状が出ている間はしっかりと介護してあげ、食欲不振が深刻な場合には補液などを検討しましょう。いずれにしても、なるべく早めに動物病院に行き、獣医師に相談することが大切です。

山根義久
1943年生まれ。動物臨床医学研究所理事長、倉吉動物医療センター・米子動物医療センター 会長、東京農工大学名誉教授。医学博士、 獣医学博士。2013年まで日本獣医師会会長を務めた。

sippoのおすすめ企画

太田記者「まなびばsippo」ライブ配信。毎月開催!

太田匡彦記者が、動物愛護の最新動向や注目ポイントを分かりやすく解説するライブ配信を毎月行います。初回は5/20(水)20時、テーマ:数値規制。アーカイブも見られます。「まなびばsipppo」(月額1000円)に申込下さい。

この特集について
診察室から
動物臨床医学研究所の理事長を務める山根義久獣医師が、ペットの病気に関する質問にわかりやすく答え、解説するコラムです。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。