錆色の「名優」見つけた サビ猫役はTVの名物プロデューサー

サビ猫役を演じる藤村忠寿さん。映画は6月23日公開予定 ©2018『猫は抱くもの』製作委員会
サビ猫役を演じる藤村忠寿さん。映画は6月23日公開予定 ©2018『猫は抱くもの』製作委員会

新作猫映画「猫は抱くもの」で、脇役の猫擬人化キャストオーディションを進めていた。茶ブチ、キジトラ、黒白ブチ……と少しずつ決まっていったが、サビ猫だけどうもしっくりする人を見つけられない。

 同時進行で、メインキャストにはロシアンブルー役に吉沢亮、三毛役には水曜日のカンパネラのコムアイ、老猫役に岩松了などが決まっていく。誰か、猫やれそうな人がいなかったかなあと考える。錆(さび)色の印象から、ちょっと年上、中年で人生経験ありそうな男を求めていた。

「あ、あ、あの人、あの声、あの笑顔」。思い出したのは俳優ではなく、大泉洋さん出演の名バラエティー「水曜どうでしょう」の、カメラのこちら側でいつも大泉さんの悲劇を笑っているあの人、藤村忠寿(ただひさ)ディレクター!! テレビ界の名物ディレクターを映画界の名優の道へ!

 喜び勇んで藤村氏に連絡すると、「いいですよ」。あっさりOKされる。「よし! これで擬人化猫キャストは揃(そろ)った!」と思ったら、助監督から指摘が入った。「監督、サビ猫ってほとんどが雌らしいです」「それって三毛猫じゃないの」「いや、サビ猫も」

 三毛猫がほとんど雌だとは知っていたが、まさかサビ猫まで。しかもキャラクターデザインもセリフも男性猫として組み立てている。今更の指摘だが、雄が滅多にいないのは三毛猫だけだとみんな勝手に思い込んでいたのだ。盲点! ただ、私は慌てなかった。実はその3万分の1の可能性で存在するといわれる三毛猫に、私は一度会っていた。映画版「グーグーだって猫である」の猫オーディションに、ある動物プロダクションが連れて来たのだ。「俺、三毛の雄に会ったことあるからさ、サビ猫も確率がゼロでないなら、このまま進もう」

 ほんと、そう決心して良かった。藤村ディレクターの演技は味わい深く豊かで心から感動した。大泉洋さんに見せたい!

犬童一心
1960年東京生まれ。映画監督。主な監督作品に「金魚の一生」「二人が喋ってる。」「金髪の草原」「ジョゼと虎と魚たち」「メゾン・ド・ヒミコ」「のぼうの城」など

sippoのおすすめ企画

猫にオーガニックフードはいいの?

キャットフードでもグレインフリーやオーガニックが話題です。猫の食べ物についての疑問に、猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸先生が答えます。

この特集について
遠い目をした猫
「グーグーだって猫である」などを撮った映画監督で、愛猫家の犬童一心さんがつづる猫にまつわるコラムです。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。