今年はお座敷犬のチン 「明るい新年」を願う、干支の土鈴

干支の土鈴に絵付けをする斉藤岳南さん=甲府市池田2丁目
干支の土鈴に絵付けをする斉藤岳南さん=甲府市池田2丁目

 甲府市池田2丁目の民芸工房「がくなん」で、2代目斉藤岳南さん(74)が来年の干支(えと)、戌(いぬ)にちなんだ土鈴作りに励んでいる。来年1月末までに約2千個を作る。武田神社などで参拝者に授けられるほか、山梨県地場産業センターややまなし伝統工芸館で販売される。


 戌をかたどった土鈴はお座敷犬のチンがモチーフで、丸みを帯びた形とピンクのよだれかけが愛らしい。縁起物の松竹梅もあしらわれている。中の空洞に小さな玉が入っており、素焼きの柔らかい音を奏でる。


 干支の土鈴は先代の父親が約60年前に作り始めた。戦時中、南太平洋の島々で見た伝統工芸品に感銘を受け、国内の郷土玩具を研究したことがきっかけだという。斉藤さんは「明るい気持ちで新年を迎えられるよう、穏やかな表情を目指して作っています」と話す。


(平畑玄洋)

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

投稿コーナー「朝ワンコ・夕ニャンコ」 犬と猫の写真を大募集!

「朝ワンコ・夕ニャンコ」は、みなさまに投稿していただいた写真でつくるコーナーです。毎日日替わりで、朝7時にワンコ、夕方16時にニャンコを紹介します。sippoの今日の「かお」になりませんか?

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。