えさや水与えず虐待容疑、猫カフェ経営の男を書類送検

(画像は本文と関係ありません)
(画像は本文と関係ありません)

 鹿児島南署は14日、鹿児島市の猫カフェ「にゃんcafe猫之坊」を経営していた住所不定、風俗営業店運転手の男(40)を動物愛護法違反(虐待)容疑で書類送検し、発表した。容疑を認め、「経営難から家賃が払えなくなった」と供述しているという。


 同署によると、男は今年6月ごろ、同店内で猫17匹を不衛生な環境下で、えさや水をやらずに飼育し、虐待した疑いがある。店内には、猫の排泄(はいせつ)物がたまり、4匹は死んでいたという。


 6月21日に、店があるビルの家主が「6月上旬から経営者が行方不明になり、猫を放置している」と市に連絡があり発覚した。


 男は、7月上旬に同署に出頭。店内にいた13匹の猫のうち、3匹はNPO「犬猫と共生できる社会をめざす会鹿児島」(鹿児島市)が引き取った。残りの9匹は新しい飼い主に引き取られ、1匹は飼い主を希望する人が見つかったという。

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

猫の健康バロメーター“おしっこ持参検査”始めませんか?

 猫の8割がかかるといわれる慢性腎臓病。知らず知らずのうちに進行するため、飼い主さんの健康管理が猫の寿命にも関わります。対策について、詳しく話を聞きました。

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。