「たま駅長」が招き猫に 「名誉永久駅長」のメダルも

販売が始まった「たま名誉永久駅長招き猫」=紀の川市貴志川町神戸
販売が始まった「たま名誉永久駅長招き猫」=紀の川市貴志川町神戸

 和歌山電鉄の貴志駅(紀の川市貴志川町神戸)で14日、「たま名誉永久駅長招き猫」販売開始のイベントが行われ、県内外から約100人が集まった。


 今回販売開始となった招き猫は2008年7月に販売開始となった「たま招き猫」の第4弾。首にかけているメダルが「名誉永久駅長」になっている。


 購入者第1号となったのは名古屋市の会社員、三浦恵子さん(45)。「亡くなってからもこんなに人気なんてすごい。大切にします」と話した。たま駅長の大ファンで、松山市から初めて貴志駅に来たという島崎彩菜さん(10)は「招き猫を買えてうれしい。かわいいし記念になった」と笑顔を見せた。


「たま名誉永久駅長招き猫」は千個限定。値段は「福来い」に掛け、2951円。貴志駅と伊太祈曽駅で販売されるほか、ネットショップ「いちご電車グッズショップ」でも受け付けを始めた。さらに、9月23日、24日に愛知県瀬戸市である「来る福招き猫まつり2017」でも販売される。問い合わせは和歌山電鉄(073・478・0110)。


(市川由佳子)

 

<関連記事>

2代目駅長ネコ「らぶ」、ありがとうニャ~! 会津鉄道30周年式典で感謝状

「たま駅長」の物語、まもなく中国の若者向け雑誌で紹介されるニャ~

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

よくある猫の嘔吐。しっかり学んで、受診の判断を見極めよう

「まなびばsippo」では、わかりやすいオンライン講義で、嘔吐など、猫飼いさん必須の知識を学ぶことができます。たくさんの講義が見放題で、毎月のライブで質問もできる月額会員がオススメ。

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


症状辞典

愛犬、愛猫の病気やけがについて、獣医師が症状別に解説する辞典です。