飼い猫の名札を無料配布 災害時に飼い主の元に戻れるように

ホルダーと名札をつけた猫=川崎市提供
ホルダーと名札をつけた猫=川崎市提供

 災害時などに逃げ出した飼い猫が、飼い主に戻されやすくするために、川崎市は猫の首輪につけるネームホルダーと名札を無料で配っている。ホルダーは青とピンクの2種類。名札はトラ模様など4種類で、飼い主の名前や連絡先などを書けるようになっている。


 同市は昨年度まで4年連続、犬の殺処分ゼロを続けている。猫も減っているが、昨年度は4匹を処分した。市によると、屋内で飼うことがまだ徹底されていない猫は、外で交通事故に遭ったり、交尾してしまったりすることがある。名札をつけていないケースも少なくない。処分を減らすためにも、市は動物愛護フェアなどで屋内飼育を呼びかけ、去勢・不妊手術費の一部を市民に補助している。

 

飼い主の連絡先などが書ける名札=川崎市提供
飼い主の連絡先などが書ける名札=川崎市提供

 ホルダーと名札はそれぞれ3千個作成。フェアなどに参加したり、手術費の補助を申請したりした猫の飼い主らに配っている。問い合わせは市生活衛生課(044・200・2447)。

朝日新聞
朝日新聞社の媒体に掲載されたおすすめの記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

よくある猫の嘔吐。しっかり学んで、受診の判断を見極めよう

「まなびばsippo」では、わかりやすいオンライン講義で、嘔吐など、猫飼いさん必須の知識を学ぶことができます。たくさんの講義が見放題で、毎月のライブで質問もできる月額会員がオススメ。

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。