靴下なんて、一人で脱げるもん! 愛犬ぷりぷりと果てなき攻防

「あー靴下ウザいワン」。ユーウツぷりさん
「あー靴下ウザいワン」。ユーウツぷりさん

 ツンデレの現金ワンコ、家族を使い分けるちゃっかり者――。これまでそんなぷりの様子を紹介したところ、ご本人、もといご本犬からクレームが入りました。


「ちょっとー。アタチのイメージ悪すぎない?」


 ごめんごめん。実際は、ぷりはほとんど手のかからない、とってもいいコです。


 吠えるのはインターホンが鳴ったときぐらい。外で声を出したのは聞いたことがありません。


 トリミングサロンでは、他のコが飼い主さんと離れるとき「キューンキュンキュン!(ママーっ行かないでー!)」と切ない声を上げる中、トリマーさんに自ら抱っこされ「ちょっくら楽しんでくるね~」とニッコニコ。少しは寂しそうな顔してくれや。

 

サロンが楽しすぎて笑いが止まんない~(家ではこんな顔しない、笑)
サロンが楽しすぎて笑いが止まんない~(家ではこんな顔しない、笑)

 そんな手のかからないぷりたんですが、唯一オカンが困っていることがあります。


 それは、脚先をなめること。ネコさんが顔を洗うときにペロペロしてるのは見たことがあるけれど、ぷりたんワンコなのに。トリマーさんからはいつも「肉球の周りが赤くなってますね」とか言われちゃう。


 獣医さんによれば、脚の関節などが痛むことでなめたりすることもあるそう。病院に行くたびチェックしてもらいますが、ぷりの場合、幸いそういう症状はないみたい。


 結論。ヒマヒマ病。


 退屈になるとペロペロ。オカンが仕事で忙しく相手ができないと、「あーヒマだワン。やることないからなめちゃおっと」。一心不乱にペロペロぺちゃぺちゃ。もうどうにも止まらない!


 小さいころに肉球の間にイボ(粉瘤)ができて、それが気になってなめていたのがクセになった原因かも。なめすぎてイボが巨大化し、「これは大変!」とワンコ用の靴下を履かせるようになりました。

 

爪で穴が開いては繕う日々。洗濯疲れも出てきたので3足ほど新調
爪で穴が開いては繕う日々。洗濯疲れも出てきたので3足ほど新調

 イボは避妊手術のとき、ついでに切除してもらいましたが、なめなめグセだけが残ってしまいました。それ以来、あまりにもなめるときは靴下着用。煩わしいだろうけど、肉球周りが荒れるのは防がないとね。このブログでも、ときどきソックス姿で登場しているのはそのためです。


 しかし、オカンの心、ぷり知らず。「なんだコレ、ジャマだワン!」とばかりに、靴下の上からペロペロ。注意されるのがわかってるから、寝室の奥の方でコソコソ。

 

実家でお留守番中も「一人で脱げたもーん」
実家でお留守番中も「一人で脱げたもーん」

 しばらくすると、「ふぅ」と満足げにこちらに戻ってくるぷり。見ると……靴下履いてないじゃん! あわてて探しに行くと、ベッドの上に靴下が悲しげにクタっ。


 ぷりは得意げな顔で、「ふふん、靴下なんて一人で脱げるもーん」。


 おぬし、やりおるな。


 オカンがお風呂に入ると、いつもバスマットの上で待っていてくれるぷり。ガラス越しに丸くなっている姿に、さみしいのかしらん、かわいいヤツめと、ちょっぴりうれしい気持ちで入浴後ドアを開けると……。


 ぷりの姿はなく、またもや靴下だけがクタッ。その上、ご丁寧にきれいに並べてるし(笑)。

 

バスマットの上で哀愁漂う靴下
バスマットの上で哀愁漂う靴下

 こうして、靴下を履かせるオカンと、脱いじゃうぷりの攻防はいつまでも続くのでした。

中津海 麻子
フリーライター。「酒とワンコと男と女」をテーマに、ワインや日本酒や食、ペット事情、人物インタビューなど幅広く取材、執筆。JALカード会員誌「AGORA」「ワイン王国」「AERA」「週刊朝日」「朝日新聞デジタル &w」「AERA.dot」「ブックアサヒコム」などに寄稿。10歳を迎えた愛犬を溺愛中。
この特集について
トイプー「ぷりぷり」の二食昼寝付き
お出かけとおしゃれが大好きな食いしん坊のトイプードル「ぷりぷり」。一緒に暮らすフリーライターの愛情あふれるブログです。
Follow Us!
sippo編集部おすすめの記事をメールでお届け!
会員登録すると、獣医師への相談など会員限定の
サービスも受けられます。


動物病院検索

sippoの独自調査により、不妊手術や予防接種等の料金、夜間対応やしつけ指導などの詳細情報を無料で検索できます。