人間の言葉なんてわかるもん! 現金すぎる愛犬ぷりぷり

わーいわーい、カップケーキもらったワン♪
わーいわーい、カップケーキもらったワン♪

 言葉が通じなくたって、心は通じ合えるーー。

 

 ぷりと暮らすようになり、しみじみそう感じています。

 

 ん? ちょっと待てよ。確かにぷりが人間の言葉を発することはありません(厳密に言うと、実はひとつだけ話せる言葉があるんだけど、そのお話は別の機会に)。でも、ぷりはオカンの言葉は理解してる。それもかなりの確率で。そう感じずにはいられないのです。

 

 お手、おかわり、伏せ、待てといったコマンド系はもちろん、ぷりはもう少し複雑な言葉もわかっている様子です。

 

 たとえば出かけるとき。それまで自分のベッドでグータラしていたのに、「お出かけするよ」と言った途端、シャキーン! 「どこ行くの? アタチも一緒に行くの?」と、目を輝かせながらオカンの後ろをくっついて離れなくなります。

 

 移動時間が長い場合、できればトイレは家で済ませておきたい。そこで「ぷりたん、お出かけの前におしっこしておいで」と声をかけると、「ラジャーだワン!」とばかりにいそいそとトイレへ。

 

 お出かけ前の会話、完全に成立してるし!

 

 山ほどあるオモチャには、全部名前をつけています。

 

 ネズミの「チュー兵衛」、あご枕用の「ピロ夫」、スマホ型の「もしもし」、オレゴン州のお土産のサル「俺、ゴン!」……って、オカンのネーミングセンスのビミョーさはさておき(笑)。ぷりたんはそれらの大半を覚え、「○○持ってきて」と言うと、くわえて持ってきてくれるのです。

 

(左から)ピロ夫、チュー兵衛、もしもし、「俺、ゴン!」
(左から)ピロ夫、チュー兵衛、もしもし、「俺、ゴン!」

 さらに感心するのが、「○○持ってきて」の後に「クッキーあげるから」と言わないと、なかなか持ってこない。現金なやっちゃ。

 

 そんな風にオカンの言うことをほぼほぼ理解してるがゆえに、たいした用じゃないときや、ただ呼んでるだけのときは知らん顔。いたずらしてるのを注意すると、「申し訳ないのですが、アタチ犬だから人間の言葉はわかりません」とばかりにトボけ顔。

 

 いやいや、わかってるよね絶対。

 

ぷり! ぷりたん! ぷりっちょ! おぷん!……いろんな呼び方で呼んでも知らん顔
ぷり! ぷりたん! ぷりっちょ! おぷん!……いろんな呼び方で呼んでも知らん顔

 そこで、ちょっと実験してみました。何度呼んでも反応しないぷりに、遠くからめっちゃ小さい声でこうささやいてみたのです。

 

「あーあ。オカンのところに来たらいいことがあるかもしれないのにな……」

 

「!!!」
「!!!」

 その瞬間、ピキーンと反応するぷり。そして、ものすごい勢いですっ飛んできて、すっくと立ち上がって猛アピール。

 

「なになに? いいことってなぁに? あ、わかった! 新しいオモチャくれるんだね! そうだね‼」。勝手に期待して、ぷりたん目がらんらん。

 

 やっぱ聞こえてんじゃん(笑)。

 

「新しいオモチャなの?」。こんな顔されたらムシできまてん(弱)
「新しいオモチャなの?」。こんな顔されたらムシできまてん(弱)

 その姿に「んもう、しょうがないな~」と、ついついオモチャをあげちゃうオカン(そのシーンが1枚目の写真)。

 

 親バカを通り越して、バカ親ですが、何か?(笑)

中津海麻子
フリーライター。「酒とワンコと男と女」をテーマに、ワインや日本酒や食、ペット事情、人物インタビューなど幅広く取材、執筆。JALカード会員誌「AGORA」「ワイン王国」「AERA」「週刊朝日」「朝日新聞デジタル &w」「AERA.dot」「ブックアサヒコム」などに寄稿。10歳を迎えた愛犬を溺愛中。
この特集について
トイプー「ぷりぷり」の二食昼寝付き
お出かけとおしゃれが大好きな食いしん坊のトイプードル「ぷりぷり」。一緒に暮らすフリーライターの愛情あふれるブログです。
Follow Us!
sippo編集部おすすめの記事をメールでお届け!
会員登録すると、獣医師への相談など会員限定の
サービスも受けられます。