「ふぎゃあぁ~」猫絶叫の肛門絞り やらなきゃダメですか?

肛門絞りを免れたモモ。おしりはチャームポイントの一つ
肛門絞りを免れたモモ。おしりはチャームポイントの一つ

 初めて猫をお風呂に入れたときの話の続きです。

 

 おとなしい性格のモモは、足に少しお湯がかかっただけでビビリまくり、「ナーン!!」と大鳴き。さらに、居間にいるもう一匹の猫あんずまで呼応するように「ゥワーン!!」と咆吼(ほうこう)。

 

 今までに聞いたことのない2匹の鳴き声が恐ろしく、私の心はポッキリ折れて、半泣き状態に。(折れるの早すぎ)

 

 猫をお風呂に入れる……たったそれだけのことが、ヒトにとっても猫にとっても、こんなに辛く険しいことだったなんて。

 

 こんな時、「ムツゴロウ王国の設立」が子どもの頃の夢だったこともあるという夫が活躍してくれます。

 

「やるしかないよ、大丈夫」

 

 夫は冷静に、大鳴き(泣き)するモモをだっこして、お尻からゆっくりシャンプー液に入れました。

 

「アウアウ」言いながら、失神するんじゃないか? というほど、恐怖におおのいた表情をするモモ。

 

 胸までお湯に浸かると、あまり暴れなくなってしまった反応もまた怖い。

 

「はい、おしり洗って!」

 

 夫の指示のもと、静かになったモモをガシガシ洗います。「ノミよ、もしそこにいるなら、出て行きなさーい」と念じながら。

 

 順調に洗っていると、夫が言いました。

 

「肛門絞り、やったほうがいいらしいよ」

 

 肛門絞りとは、肛門臭腺から分泌されるニオイの元を溜めておく袋をしぼって、出してあげることです。犬のシャンプーのときにやると、ブログで読んだことがありました。

 

 健康のためには、やるべきなのだそうですが、非常に嫌がるものだとも聞きます。

 

「むりむりむりむり! お湯につけただけでこんなに嫌がっているのに、肛門絞るなんて無理! そもそも、場所がわからないよ」

 

「どれ、ちょっと貸して」

 

 夫は、モモの肛門周辺をまさぐり始めました。

 

 好奇心旺盛だ。さすが、ムツゴロウ非公認の弟子。

 

「ふぎゃぁぁ~」

 

 当然、嫌がるモモ。

 

 肛門なんかをまさぐられたら、種にかかわらず、誰だって嫌だよな。女の子なのに、可哀想に。

 

「あーやっぱ、どこか分かんない。可哀想だからやめとこう」

 

 なんだよ!! 少年か! だから無理って言ったのに!

 

 余談ですが、ネット情報によると、通常は便と一緒に臭いの分泌物が排泄されるそうなので、分泌物が溜まって膿んでいるなどトラブルさえなければ、肛門絞りをやる必要はないのだそうです……。

 

 高度な肛門絞りを断念しても、まだ入浴は終わりではありません。いざ次回へ!

 

(ヤスダユキ)

sippo
sippo編集部が独自に取材した記事など、オリジナルの記事です。

sippoのおすすめ企画

猫の健康バロメーター“おしっこ持参検査”始めませんか?

 猫の8割がかかるといわれる慢性腎臓病。知らず知らずのうちに進行するため、飼い主さんの健康管理が猫の寿命にも関わります。対策について、詳しく話を聞きました。

この特集について
猫アレルギーですけど
普通の家で飼われている猫「あんず」と「モモ」。飼い主の主婦が、2匹との生活や発見をユニークな視点で切り取る人気連載です。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。