猫とソファと私。そして、沈黙の店員

眠り猫の背後に、にらみ猫
眠り猫の背後に、にらみ猫

 前回の続きです。初めての猫カフェで“なんか違う”と感じてから数年後。

 おしゃれな看板が目を引く猫カフェに行ってみました。

 今は猫を飼っているし、猫との遊び方も分かっている。だから、きっと楽しめるはずだと。

 今度は店への期待は少なめにして、自分自身に期待して店に入りました。

 都心の路地裏にある雑居ビルの3階。

 あれ? もしかして、狭い?

 中に入ると、ワンルーム風の空間に、5~6匹の猫がいました。

 高貴な印象の長毛の猫、やんちゃな白黒、グレー、三毛猫がうろうろ……。

 猫のケージやタワーがあるので、動けるスペースはかなり狭い。

 そこに2人掛けのソファが1つ。私は、ここに座るのね。ここにいるしかないのね。

 猫とソファと私。

 シャンソンっぽい雰囲気が漂いそうですが、実際のところフランスっぽさは皆無です。

 特にお茶があるわけでもないらしいので、猫“カフェ”ではないのかな……。

 って、いやいや! 店に期待するのは、やめたんじゃないか。この場を楽しめる自分にご期待だ。

 40代後半くらいのおとなしい女性店員さんが、お店のシステムを説明してから、小声でこう言いました。

「おもちゃ、いかがですか?」

 猫じゃらし的なおもちゃを手渡されました。

「あ、ありがとうございます」

 …………。

 この空間に流れるのは、シャンソンではなく沈黙。

 とりあえず猫じゃらしを振ると、やんちゃな幼猫が遊びに来てくれました。

「ひゃー、かわいー」

 …………。

 でも、ちょっと、何か楽しめない。

 なぜなら、ニヤニヤしている私の2歩先に、常にあの店員さんがいるからです。

 店員さんは猫と私から目を離さないでいる割に、話しかけてくるでもなく、猫にちょっかい出すでもなく、ただそこに“いる”んです。

 にこやかでもなく、無愛想でもなく、“素”の表情で。

 き、気まずい。

 何か、しゃべったほうがいいのかな?

「この猫は何て種類ですか? いつからやってるんですか? ほかにも猫いるんですか?土日はやっぱ混んでるんですか~?」

 私はどうでもいい質問をしていましたが、次の質問を考えていると、心から楽しめない。

 せっかく、かわいい猫がそこにいるというのに~。

 やっぱり、猫カフェで楽しむことは、私にとってハードルが高いのか……。

 長くなってきたので、またもや次回に続きます。

(ヤスダユキ)

sippo
sippo編集部が独自に取材した記事など、オリジナルの記事です。

sippoのおすすめ企画

猫がおなかを下したり、便に血が混じっていたりしたら…

猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸先生が、病院につれていくべきポイントや受診時の注意点について動画で解説します。「まなびばsippo」では猫飼いさん必須の知識を学ぶことができます。

この特集について
猫アレルギーですけど
普通の家で飼われている猫「あんず」と「モモ」。飼い主の主婦が、2匹との生活や発見をユニークな視点で切り取る人気連載です。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


症状辞典

愛犬、愛猫の病気やけがについて、獣医師が症状別に解説する辞典です。