大塚敦子

大塚敦子

(おおつか・あつこ)
フォトジャーナリスト、写真絵本・ノンフィクション作家。 上智大学文学部英文学学科卒業。紛争地取材を経て、死と向きあう人びとの生き方、人がよりよく生きることを助ける動物たちについて執筆。近著に「〈刑務所〉で盲導犬を育てる」「犬が来る病院 命に向き合う子どもたちが教えてくれたこと」「いつか帰りたい ぼくのふるさと 福島第一原発20キロ圏内から来たねこ」「ギヴ・ミー・ア・チャンス 犬と少年の再出発」など。

著者の記事

気づかれにくい障害の目印に 聴覚障害者を支え、社会の多様性に貢献する聴導犬 働く動物
気づかれにくい障害の目印に 聴覚障害者を支え、社会の多様性に貢献する聴導犬
2022/08/24
自閉症の若者と絆を結ぶ 介助犬からのキャリアチェンジ犬「ユーティ」 ライフスタイル
自閉症の若者と絆を結ぶ 介助犬からのキャリアチェンジ犬「ユーティ」
2022/07/27
人と動物の双方を早期に支援できるコミュニティづくりをめざす キドックス訪問 動物愛護
人と動物の双方を早期に支援できるコミュニティづくりをめざす キドックス訪問
2022/06/22
犬がいる高齢者施設、入居者も職員も笑顔に 地域との架け橋の役割も担っている 働く動物
犬がいる高齢者施設、入居者も職員も笑顔に 地域との架け橋の役割も担っている
2022/05/25
足取りは力強く、確かなものに 3頭の盲導犬とともに歩む人生 働く動物
足取りは力強く、確かなものに 3頭の盲導犬とともに歩む人生
2022/04/27
子どものコミュニケーションの扉を開く動物たち 自然の中にある児童発達支援センターへ 働く動物
子どものコミュニケーションの扉を開く動物たち 自然の中にある児童発達支援センターへ
2022/03/23
子どもたちの不安を和らげる ワクチン接種会場で活躍するセラピー犬 働く動物
子どもたちの不安を和らげる ワクチン接種会場で活躍するセラピー犬
2022/02/27
芽吹き花開くかどうかはわからない それでも学校犬は子どもたちの心に種をまく 働く動物
芽吹き花開くかどうかはわからない それでも学校犬は子どもたちの心に種をまく
2022/01/29
シェルターの保護猫に子どもが読み聞かせ 短時間で距離が縮まった!アメリカでの試み 動物愛護
シェルターの保護猫に子どもが読み聞かせ 短時間で距離が縮まった!アメリカでの試み
2020/07/31
もし飼い主がコロナに感染したら? 犬や猫のため備えておくこと 飼い方
もし飼い主がコロナに感染したら? 犬や猫のため備えておくこと
2020/04/29
コロナ禍のアメリカ 犬や猫の一時預かりボランティアが急増 動物愛護
コロナ禍のアメリカ 犬や猫の一時預かりボランティアが急増
2020/04/26
保護犬の訓練をお手伝い 児童養護施設で暮らす子に大きな変化 動物愛護
保護犬の訓練をお手伝い 児童養護施設で暮らす子に大きな変化
2019/11/30