まるで人間のような表情を見せる「Danbow」(犬丸美絵さん提供)
まるで人間のような表情を見せる「Danbow」(犬丸美絵さん提供)

段ボールで捨てられていた雑種犬「Danbow」 いまや歩く保護活動啓発犬に!

目次
  1. 【基礎データ】牧羊犬×猟犬を思わせる中型雑種犬
  2. 河川敷に捨てられていた子犬たち
  3. ひどい分離不安が意外な方法で解決
  4. お互い自由で対等なパートナー

 個性豊かな雑種犬の魅力を紹介する連載企画。第14回は、段ボールに入れて捨てられていたという「Danbow(ダンボウ)」。捨てられていた「段ボール」と、虹の架け橋を意味する「Rainbow」をかけたという名前の通り、いまでは自然と動物保護活動についての啓発を担い、また人と犬をつなぐ架け橋となっています。

(末尾に写真特集があります)

DATE
《名前》Danbow ダンボウ
《年齢/性別》5歳/オス
《役割》歩く保護活動啓発犬。撮影のモデルやイベントのナビゲーターもしています
《サイズ》体高44cm・体⻑48cm・体重9.5kg
《チャームポイント》垂れた耳、複雑な柄、ふかふかのシッポなどの外見も、面倒くさくも面白い性格も、全部!
《特性》
人慣れ度★★★
犬好き度★★★
食いしん坊度★★★
運動量★★★
トレーニングしやすさ★★☆
ケアのしやすさ★★☆
(写真:犬丸美絵さん提供)

 きょうだい4匹で段ボールに入れられて、多摩川の河川敷に捨てられていたというDanbow。通りすがりの人が見つけて保護し、他の3匹は新しい飼い主を見つけてくれたものの、Danbowだけ飼い主が見つからず、動物愛護センターに持ち込まれました。

 動物愛護センターから連絡を受けた動物保護団体がDanbowを引き出し、譲渡会に連れてきていたところを、現飼い主の犬丸美絵さんの友人が発見。写真を撮ってSNSに上げたのを犬丸さんが見たことから、縁が始まりました。

犬丸さんが初めてDanbowを見て、射抜かれた写真。この一枚がきっかけになった(犬丸美絵さん提供)

「子どものころからいろんな犬と暮らしてきたんですが、7年前に先代のシェットランド・シープドッグの『ゴマシオーネ』が亡くなって。動物愛護センターで撮影のボランティアをしつつ、ゴマが何らかの形で帰ってくるのを2年半ぐらい待っていたんです。そしたら、ゴマにそっくりの目をした子犬の写真を、友人がSNSに上げていて、見た瞬間射抜かれてしまいました」

 と、犬や家族を撮影する写真家として活動するほか、犬と飼い主向けのネイチャーツアーを企画したり、動物に関する啓発活動を行ったりと、犬にかかわるさまざまな活動を続けている犬丸さん。

 とはいえ、当時の犬丸さんはひとり暮らしで、フルタイムで仕事をしており、そのころ多くの動物保護団体が一般的に掲げていた飼い主の条件には、到底当てはまりませんでした。しかし、Danbowを保護した団体の代表が友人だったこともあって、何はともあれ会いに行くために、まずは「写真を撮らせてください」と頼み、初対面したのだそう。

初対面の日。写真に撮ると目もポーズも「ゴマ」そのもので、ますます惹(ひ)かれ、迎えるならこの子だと確信した(犬丸美絵さん提供)

「生後2カ月ぐらいのDanbowに会って、迎えたいと思ったものの、自分がDanbowと一緒に暮らせるのかどうか2〜3週間ぐらい悩みました。さんざん悩んだ末に、保護団体の代表に迎えたいことを伝えました。じつは、一時預かりボランティアさんも知り合いだったのですが、Danbowを見て『この子、犬丸さんのところに行くような気がする』と感じたんだそうです」

初めて犬丸さんの仕事に同行した日。仕事先でいろんな犬や人と友達になった(犬丸美絵さん提供)

 犬丸さんが付けた「Danbow」という名前は、捨てられていた「段ボール」と、虹の架け橋を意味する「Rainbow」をかけたもの。散歩中に「カッコいいですね」と声をかけられて、Danbowの名前を伝えると自然と保護した経緯の話になることから、「歩く啓発犬です」と犬丸さんは笑います。

 生後1~2カ月で河川敷に捨てられ、動物愛護センターで1週間過ごし、その後一時預かりボランティア宅で2カ月ほど暮らして、生後4カ月ほどで犬丸さんの家に来たDanbow。最初から人の顔色をうかがう「いい子」でしたが、唯一困ったのが、家に迎えて来て間もなく始まった分離不安でした。

ボーダー・コリーなどの牧羊犬や、ブリタニー・スパニエルなどの猟犬の血が入っているのではと思わせる外見と性格(犬丸美絵さん提供)

「家にいると常に私の後をついて回るし、私が外出中はずっとすごい声で鳴いていました。集合住宅ではないし近所の理解があったので、その点は問題なかったんですが、私が一緒でないとすごく不安そうなのがかわいそうで……。クレートトレーニングをしたり、短時間の留守番から練習したり、寝るときはハウスに入れて距離を取ったりと、分離不安の対策と言われることは一通り試したんですが、全然直らなくて」

子犬のころはやたら寒がりで、赤外線パネルヒーターにべったりだったそう。Danbowだけに暖房好き!?(犬丸美絵さん提供)

 ところが、2カ月ほど経ったあるとき、ハウスに入れるのをやめて一緒に寝てみたところ、分離不安がぴたりと直ったのだそう。「『また捨てられるかも』という不安が治まったのかもしれませんね」と犬丸さん。信頼関係ができたいまでは、長めの留守番も平気になりました。

 犬丸さんは、先代犬のゴマにはガチガチのトレーニングを入れて、飼い主しか見えない犬に育ててしまったことへの後悔から、Danbowには誰といても大丈夫な犬に育ってほしいと考えていました。そこで、Danbowが生後4カ月のころから、犬丸さんが写真家として主宰する、犬と一緒に旅を楽しむフォトレッスンイベント「Photrip」や、愛犬家向けネイチャーツアーなど、撮影以外の仕事にはDanbowも連れていくようにしていました。

海や山にはよく一緒に出かける。身体能力も抜群!(犬丸美絵さん提供)

 すると、最初は犬丸さんに媚びるような態度だったDanbowが、分離不安が解消されたころから徐々に変化。あちこちに出かけて経験値を積み、いろいろな犬や人と遊び、キャパシティの大きい犬へと成長していきました。いまや仕事のパートナーにもなったDanbowの性格を、犬丸さんは「天真爛漫で頑固な自由人」と表現します。

イベントナビゲータ―中、集団から離れる犬や人がいると、牧羊犬のようにワンワン吠えてまとめている(犬丸美絵さん提供)

「Danbowも私もお互い自由で、それぞれ忙しい。Danbowが朝私を起こすことはないし、ごはんが遅くなっても文句を言うようなことはありません。私の姿を目の端で追ってはいるし、ついて回るけれど、呼んでも来たくないときは捕まらない(笑)。でも、私が絶対に愛しているという信頼はあるみたいで。Danbowは私の犬というよりも、もっと対等なパートナーという感じがしますね」

「企画としてではなくて、鈍行電車のボックスシートとかで一緒に旅するのが夢」と飼い主の犬丸さん(犬丸美絵さん提供)

 犬と人間は違う動物だけれど、対等な存在。そんなほどよい距離感でのびのびと育てられたことで、Danbowらしさが開花したのかもしれません。「人間」と「犬」、そして「自然」をさりげなくつなぐ架け橋として、Danbowは活躍しています。

(次回は2月23日公開予定です)
【前の回】タヌキの子かも!? 海で拾ったきょうだい犬「マリン」と「カイ」、豊かな犬生を謳歌

山賀沙耶
フリーランス編集ライター。北海道大学文学部卒業後、編集プロダクション、出版社勤務を経て、独立。現在は雑誌や書籍、ウェブメディアを中心に、犬やアウトドアなど幅広い分野で活動中。犬メディアとのかかわりは、約20年前の編集プロダクション時代から。プライベートでは、2頭の雑種犬と外遊びを楽しむのが至福の時。

sippoのおすすめ企画

sippoの投稿企画リニューアル! あなたとペットのストーリー教えてください

「sippoストーリー」は、みなさまの投稿でつくるコーナーです。飼い主さんだけが知っている、ペットとのとっておきのストーリーを、かわいい写真とともにご紹介します!

この連載について
雑種犬図鑑
見た目も性格も個性豊かな雑種犬の魅力を、犬種図鑑のパロディで紹介。毎回1匹の雑種犬にフォーカスし、チャームポイントから生い立ち、暮らしのエピソードまで情報や魅力をふんだんに伝えていきます。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。