猫の歯磨き、大切なのは分かっているけど難しい まず歯ブラシで遊ぶことからスタート

猫と歯ブラシ
はっぴーの歯ブラシコレクション「今日はこれで磨くか」

 猫の歯磨きは長生きに影響するそうです。歯石があると歯周病はもちろん、腎臓病にもなりやすいのだとか。でも歯磨きは難しい。ついさぼったり先延ばしにしていたら、4歳の愛猫はっぴーの口が臭い始めました。何とか歯磨きを習得し、ケアを続けたいものです。

(末尾に写真特集があります)

イケニャンの口臭で決意

 5月に、我が家のはっぴーが4歳になりました。人でいえば32歳、ちょっとおなかが出ているけど、顔はなかなかイケていると(親バカ的に)思っています。

 ところが先日、私の顔のそばであくびをした時に「うっ」となりました。臭う!これじゃイケメンが台無し。口の中をみると、犬歯も臼歯も、前より黄色っぽくなっています。

 歯石から歯周病になると心臓病や腎臓病にもつながる。だから赤ちゃんの頃からケアをしたほうがいいと、前から頭では分かっているはずなのに、いつも三日坊主なのでした。面倒だったり、無理してやって嫌われたらいやだな、なんて思ったりして。

猫と歯磨きグッズ
歯磨きグッズもいろいろ持っているけど「好みがあるんだ」

 でも寿命にも関わるのだし、4歳になり、口臭が気になったこの機会に、ケアを再開しよう。そう思って棚を開けると、使っていない猫用歯ブラシや、デンタルケアグッズがコレクションのように出てきました。(やる気がないわけではないんです)

周りの猫はどうしてる?

 周囲の猫ちゃんは、どんな風に歯のケアをしているのか気になって、聞いてみることにしました。

 まず、はっぴーの兄弟ハヤテ君。やはり、「少し口臭が出てきた」とパパがいいます。

「気になって病院で診てもらったのですが、まだ大したことはないらしいです。歯のケアはとても嫌がるので大変で、歯磨きおやつや、歯磨きティッシュで試行錯誤です」

白黒猫
ハヤテ君は歯磨きおやつ派。手であげて奥歯で「がしがし」(ハヤテ君パパ提供)

 ハヤテ君がケアに使っているのは、棒状の“ペットキッス”というおやつです。

「奥歯でかませないといけないようで、手であげないとすぐ飲み込んで“ただのおやつ”になっちゃう。同居猫のヒメの方は食べ方が上手なのか、口の臭いは少なめ。歯みがきの練習は2匹一緒にしていますが、歯磨きマスターになるには半年くらいかかりそうです」

 かませるにはコツが必要。でもコミュニケーションをとりながらできそうですね。

歯磨きジェルを指でできる範囲に

 次に、はっぴーの憧れの猫いちちゃん。どんなケアをしているのか気になり、飼い主のいちのしもべさんに聞いてみました。

「歯ブラシは、全然使わせてくれません。時々、歯磨きジェルを、指でできる範囲だけさっと塗っています」

白黒猫
いちちゃんは、歯磨きジェル派。「簡単に口は触らせないの」(いちのしもべさん提供)

 はっぴーは同じメーカーの歯磨きシートを持っていますが、どうも私の指が入るのが気に入らないようです。

「ほら、いちちゃんも口の中を触られるのはお好きではない。僕も同じ、それ普通だよ」。きっと、はっぴーはそう思っていることでしょう。

憧れの歯磨きマスター

 はっぴーは、上の奥歯に触れられるのをとくに嫌がります。しかしこの上の歯こそがキーなんですよね。

 獣医師の服部幸先生は、sippoの動画学習サービス「まなびばsippo」で、「上顎(うわあご)の奥歯の近くに唾液(だえき)線があり、唾液に含まれるカルシウムやリンが歯垢(しこう)につくと歯石になる。歯垢のうちに取り除くように」と話していました。

 以前、同居猫のイヌオが上の奥歯を悪くした時、主治医の先生に「綿棒を水に浸して、歯茎と歯の境のヌルヌルをぬぐうだけでも歯石はつきにくい」と教えてもらいましたが、歯茎と歯の境をピンポイントで狙うのは簡単ではないんですね。(自分の目が悪く位置を把握しにくいせいもあります)

 そうなると、綿棒より面の広い歯ブラシの方が、ヌルヌルをぬぐいやすい気がしてきます。
 歯ブラシというと、難易度マックスなイメージですが、以前、スムーズに磨いている猫と飼い主さんに会いました。

 岡田さん宅のトラくん(12歳)です。取材にいったとき、先の丸いブラシで磨いていました。ママが後ろから体を軽く押さえ、歯ブラシを前から差しいれても嫌がらず、まあお見事。いつから始めたのか、あらためて、岡田さんに聞いてみました。

歯磨きされる猫
嫌がらずに歯を磨くトラ君(これぞ憧れ!)

「私が猫の歯磨きの重要性を知ったのは7歳ごろ。慌てて歯磨きを始めましたが、上の奥歯の歯周病が進んでいて抜歯をしました。それ以降、下の奥歯を磨いています。ペーストはつけず、ブラシを洗う時に水でぬらしています。最初は唇を持ち上げるだけ、それができるようになったらブラシを当てる、その次に、ちょっとこすってみるという感じです」

 慌てず段階を踏む。ゴシゴシする必要はなく、「ちょっとこする」がポイントなんですね。
キャットケアスペシャリストの資格も持つ岡田さん、歯磨きの回数についてはこんな意見です。

「人間のように毎食後が理想でしょうけど、うちもムリムリ。週2、3回でもできれば優秀賞だと思う。目的は歯石がつきにくくすることで、継続が大事だから、はっぴー君も遊びながらまず歯ブラシに慣れ、続けられるといいですね~」

歯ブラシをなめることから

 励まされてやる気スイッチが入った私は、ここ最近、歯ブラシではっぴーと遊んでいます。

 遊ぶといっても、おもちゃにするわけではありません。ブラシをなめさせているのです。口に異物(ブラシ)が入るのをこわがるので、まずは好きなちゅーるを塗り、ブラシっておいしいと思ってもらい、次の日は歯磨きペーストチキン味……と、塗るものを変えています。

歯ブラシを夢中でなめるはっぴー

 数あるコレクションの中で、はっぴーが気にいったのは、柔らかな天然毛の歯ブラシ。歯ブラシに慣れたところで、下の奥歯をちょこっとこする。成功!(なぜかとてもうれしい)。

 さあ次は上の奥歯です。まずは左側、でも慌てない慌てない……。

 いつか、少しダイエットして、歯ブラシもスムーズにできるようになって、まさにイケにゃん歯磨きマスターの称号にふさわしくなったら、また報告したいと思っています。

【前の回】4歳になった愛猫に贈った爪研ぎ 外で暮らす猫たちの幸せを願った商品だった

藤村かおり
小説など創作活動を経て90年代からペットの取材を手がける。2011年~2017年「週刊朝日」記者。2017年から「sippo」ライター。猫歴約30年。今は17歳の黒猫イヌオと、3歳のキジ猫はっぴー(ふまたん)と暮らす。@megmilk8686

sippoのおすすめ企画

猫にオーガニックフードはいいの?

キャットフードでもグレインフリーやオーガニックが話題です。猫の食べ物についての疑問に、猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸先生が答えます。

この特集について
ねこ飼い日記
古い魚屋の天井が崩れ、落ちてきた子猫「はっぴー」。その成長と、引き取った筆者との生活ぶりを同時進行でつづっています。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。